|NEW| Instagramで英語とフランス語

フランス語の é・à・ô・ï・ç ってなに?記号の意味・読み方まとめ

「フランス語のチョンって上についてるマーク、あれってなに?」

今回は、フランス語の記号の意味・読み方まとめです。

フランス語の記号は全部で5つ。記号がついていることで発音が変わったり、違う意味の単語になったりします。

早速チェックしていきましょう。

é:アクソン テグュ

右肩上がりのチョン「´」は、アクソン テグュ(accent aigu)というもの。

アクソン テグュがつくのは “e” の上だけで、この記号がつくことで発音が変わります。

もしアクソン テグュがなかったら…

アクソン テグュがなかったら、“e” の発音は「ウ」です。

でも “e” の上に右肩上がりのチョンがつくと、「エ」という発音に変わります。

e の発音➜「ウ」

é の発音➜「エ」

例えば、“café” という単語に、もしアクソン テグュがなかったら “cafe”「カフ」のような発音になってしまいます。

アクソン テグュがあるから「カフェ」という発音になるんですね。

アクソン テグュがつく単語の例

  • été「エテ」=夏
  • école「エコル」=学校
  • thé「テ」*“h” は発音しません =紅茶

アルファベットの発音はこちらをチェック☟

フランス語で『A,B,C…』ってなんて言うの?アルファベットの読み方まとめ

à:アクソン グラーヴ

アクソン テグュの反対、右肩下がりのチョン「`」は、アクソン グラーヴ(accent grave)というもの。

この記号は、“a” “e” “u” の上につきます。アクソン グラーヴが “e” の上についたとき、発音が変わるので要注意です。

もしアクソン グラーヴがなかったら…

アクソン グラーヴがなかったら、“e” の発音は「ウ」。

でも “e” の上に右肩下がりのチョンがつくことで、「エェ」と発音します。

e の発音➜「ウ」

è の発音➜「エェ」

例えば、“crème”(クリームという意味)という単語に、もしアクソン グラーヴがなかったら “creme”「クルム」のような発音になってしまいます。

アクソン グラーヴがあるから「クレェム」という発音になるんですね。

ちなみに、さっきの “café” と “crème” をあわせると、“café crème”(カフェ ラテのこと)という単語になりますよ。

フランス語で『~ください』は?カフェでの注文の仕方【会話例文つき】

違う意味の単語になってしまうことも

アクソン グラーヴが “a” と “u” の上につくと、発音が同じでも全く違う意味の単語に。

例えば、“la” は英語の “the”「その」にあたる単語ですが、“là” だと英語の “there”「そこ」という意味に。

また、“ou” は英語の “or”「~または」ですが、“où” は英語の “where”「どこ」という意味になります。

アクソン グラーヴがつく単語の例

  • père「ペェル」=お父さん
  • mère「メェル」=お母さん
  • sac à dos「サ カ ド」=リュックサック

ô:アクソン シルコンフレクス

ぼうしのような記号「^」は、アクソン シルコンフレクス(accent circonflexe)というもの。

この記号は、“a” “e” “i” “o” “u” の上につきます。これまでの記号と同じく “e” の上についたとき、発音が変わります。

もしアクソン シルコンフレクスがなかったら…

もし “e” の上にアクソン シルコンフレクスがなかったら発音は・・・そう「ウ」です。

“e” の上にぼうしがつくことで、「エェ」と発音します。アクソン グラーヴのときと同じような発音ですね。

e の発音➜「ウ」

ê の発音➜「エェ」

例えば、“forêt”(森という意味)という単語に、アクソン シルコンフレクスがなかったら “foret”「フォル」のような発音になってしまいます。

アクソン シルコンフレクスがあることで「フォレェ」という発音に。

違う意味の単語になってしまうことも

アクソン シルコンフレクスがつくのとつかないのとで、単語の意味が変わるケースもあります。

例えば、“sur” は英語の “on”「~の上に」にあたる単語ですが、“sûr” だと英語の “sure”「確かな」という意味に。

アクソン シルコンフレクスがつく単語の例

  • hôtel「オテル」*“h” は発音しません =ホテル
  • gâteau「ガトー」=ケーキ
  • tête「テェトゥ」=頭

ï:トレマ

アルファベットの上に点が2つ並んだ記号「¨」は、トレマ(tréma)というもの。

この記号は、“e” “i” “u” の上につきます。これは、母音が2つ並んだときに「それぞれの母音を別々に発音しますよ」という記号です。

「エッ、どういうこと?」って思いますよね。

もしトレマがなかったら…

例えば、“mais” という単語。これは英語の “but”「しかし」を意味するフランス語で、「メ」と発音します。

フランス語の “ai” は「エ」という発音になるんですね。でもトレマがついて、“maïs”(コーンという意味)になると「マイス」と発音します。

つまり “ai” をそれぞれ別々に「ア」「イ」と発音するということです。

ai の発音➜「エ」

aï の発音➜「アイ」

トレマがつく単語の例

  • Israël「イスラエル」=イスラエル
  • Noël「ノエル」=クリスマス
フランス語で『メリークリスマス』ってなんて言うの?Xmasの仏語まとめ

ç:セディーユ

下にひげがチョロチョロっと伸びたような記号は、セディーユ(cédille)というもの。

この記号は、“c” にだけつくもので、これがあることで発音が変わります。

もしセディーユがなかったら…

例えば、フランス語という意味の “français” は「フランセ」と発音しますが、これにセディーユがなかったら “francais”「フランケ」というような発音になってしまいます。

通常、“ca” は「カ」、“co” は「コ」、“cu” は「クュ」と発音するところを、セディーユがあることで、それぞれ “ça”「サ」、“ço”「ソ」、“çu”「スュ」と発音します。

つまり、“c” が “s” の音に変わるということですね。

ca の発音➜「カ」

ça の発音➜「サ」

セディーユがつく単語の例

  • ça「サ」=それ
  • garçon「ギャルソン」=男の子
  • reçu「ルスュ」=レシート

あなたへのおすすめ

インスタグラムで英語とフランス語の単語&フレーズを毎日1語ずつ紹介

関連記事

フランス語で『こんにちは』ってなんて言うの?あいさつ&自己紹介まとめ