「自律神経を整える」とは?自律神経を分かりやすく簡単に解説

QR2 – 2分以内で読めます

書店に行くと「自律神経を整える」などと書かれた本やCDがズラリと並べられたコーナーがありますよね。

「自律神経を整える」とは一体どういうことなのでしょうか。そもそも「自律神経」とは?!

自律神経は「自分の意思でコントロールできない」神経

自律神経は「自律」、すなわち自分の意思とは関係なく働く神経のことです。

最も分かりやすい例は、心臓の鼓動です。心臓は自分の意志で止めたり動かしたりはできないですよね。寝ているときも常に動いています。その心臓の動きを司っているのが自律神経です。

自律神経は体中に張り巡らされていて、呼吸をしたり、食べ物を消化したり、体温を調節したり、生きていくために必要な機能を絶えずコントロールしています。

自律神経が整っている=交感神経と副交感神経のバランスがいい

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という、逆の働きをする2つの神経からなります。交感神経は体をアクティブに動かすときに働き、副交感神経は体をリラックスさせるときに働きます。

自律神経が整っている状態とは、この2つの神経のバランスがとれている状態ということです。

自律神経は体中を巡る血液の流れをコントロールしているので、自律神経が整っていれば血流が良く「全体的に体の調子がいい」ということになります。

その「何となくの不調」は自律神経の乱れからきているかも?!

逆に、不規則な生活や偏った食生活、ストレスなどで自律神経に乱れが生じると、血流が悪化し全身にさまざまな不快な症状が現れることも・・・

  • なかなか疲れが抜けない
  • いつも体が重たい、ダルい
  • なかなか眠れない
  • 朝起きるのがしんどい
  • 常にイライラしている
  • 何だかやる気が出ない
  • いつも不安を感じている
  • 頭がボーっとする

このような「何となくの不調」は自律神経の乱れから生じているものかもしれません。

参考文献

「生活習慣」「食生活」「メンタル」「運動」の4つの角度から、自律神経を整える方法を紹介。

Quick Reads – スグ読める