フランス語の最重要動詞 avoir(アヴォワル)の意味は?活用/発音を簡単解説

フランス語の avoir ってなに?どんなときに使うの?

今回はフランス語の最重要動詞[avoir(アヴォワル)]について分かりやすく簡単に解説します。

フランス語の動詞 avoir は英語の have にあたるもの

フランス語の動詞 avoir(アヴォワル)は、être(エートル)動詞と並び、最も重要かつ最も頻繁に使われる単語のひとつ。英語でいう have(「… を持っている / … がある」)にあたる動詞です。

なぜ avoir が重要なのかと言うと、「持っている / … がある」という意味のほかにもたくさんの意味や役割があるからです。

avoir(アヴォワル)を使った例文

以下の例文で登場する ai(エ)/ a(ア)/ as(ア)は、全て avoir のカタチが変わったものです。

1.J’ai un chat.(ジェ アン シャ)

  「わたしはネコを飼っています。」

2.Il a 25 ans.(イラ ヴァンサン クァン)

  「彼は25歳です。」

3.Tu as faim ?(テュ ア ファン)

  「おなか空いてる?」

ちなみに、上の文を英語に訳すとこのようになります☟

1.I have a cat.

2.He is 25 years old.

3.Are you hungry?

つまり、英語では be動詞(is / am / are)を使って表現する文であっても、フランス語では avoir を使って表現する場合があるということですね。

また、avoir は “Tu as fini?(テュ ア フィニ)”(「終わった?」)のように、過去形の文をつくるときに使われることもあります。

avoir の活用について

英語の have が主語(「わたし」、「あなた」 など)や時制(現在形、過去形など)によって、have / has / had などに変わるのと同じように、フランス語の avoir も主語や時制によってカタチが変わります。

では、どのようにカタチが変わるのでしょうか。avoir の活用一覧がこちらです(カタチが変わることを「活用」と言います)☟

avoir の活用一覧〈現在形〉

フランス語の太字になっている部分が avoir の活用形です。

フランス語日本語英語
J’ai(ジェ)私は持っているI have
Tu as(テュ ア)あなたは持っている(カジュアル)You have
Il / Elle a(イラ / エラ)
On a(オナ)
彼 / 彼女は持っている
私たちは持っている(カジュアル)
He / She has
We have
Nous avons(ヌ ザヴォン)私たちは持っているWe have
Vous avez(ヴ ザヴェ)あなたは持っている(フォーマル)
あなたたちは持っている
You have
Ils / Elles ont(イル ゾン / エル ゾン)彼 / 彼女らは持っているThey have

Je(ジュ)のあとに母音[a, e, i, o, u]がつづく場合、Je の e が消えて J’ になります。

Je ai ➜ J’ai(ジェ)

現在形の場合、英語だと have / has の2種類のみですが、フランス語だと☟

  • ai(エ)
  • as(ア)
  • a(ア)
  • avons(アヴォン)
  • avez(アヴェ)
  • ont(オン)

全部で6種類、つまり主語が「わたし」なのか「あなた」なのかなどによって、全てカタチが変わるということですね。

暗記するときは avoir の活用形だけでなく、主語と一緒に覚えた方が実用的です。

暗記用にはこちらの活用一覧ページをご活用ください☟

フランス語の最重要動詞[être(エートル)][avoir(アヴォワル)]の活用一覧〈現在形〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA