ニュースがわかる!知っておきたいキーワード【新型コロナ関連】

【BASE FOOD(ベースフード)】って?世界初の完全栄養パン&パスタ

「食事は栄養バランスが大切」と言われても、忙しい毎日の中でしっかりとバランスよく食事を摂るのは大変ですよね。

「あれこれ考えずに、これを食べればOK!っていう便利な食べ物ないかな〜。」というあなたに。

今回は、1食で1日に必要な栄養素の1/3がとれる「BASE FOOD(ベースフード)」を紹介します。

BASE FOODってなに?

BASE FOODは、日本発のフードテック企業ベースフード社が開発した完全栄養食

「完全栄養食」といわれても、何だかあまりピンとこないですよね。

完全栄養食とは、公的機関が定めた食事摂取基準をもとに、1食に必要な栄養素がすべて必要量以上含まれる食品のこと。

公的機関とは、日本に関して言えば厚生労働省のことです。

1食で1日に必要な栄養素の1/3がとれる

BASE FOODには、厚生労働省の「栄養素等表示基準値」をもとに、一部を除くほぼすべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上が含まれています。

脂質や炭水化物、ナトリウム(塩分)など、ほかの食事で過剰摂取してしまう恐れがあるものは控えめになっています。

BASE FOODの原材料は?

小麦全粒粉をベースに、大豆、昆布など、栄養価の高い食材10種類以上をブレンド。

全粒粉には、白い小麦粉と比べて、ミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。

合成保存料や合成着色料など、余計な添加物は一切含まれていないというのもポイントです。

BASE FOODのラインナップは?

商品ラインナップは、完全栄養パン「BASE BREAD(ベースブレッド)」と、完全栄養パスタ「BASE PASTA(ベースパスタ)」の2つ。

そう、いずれも「主食」なんです。必ず食べるものに、すべての栄養素が含まれていたら何とも有り難いですよね。

完全栄養パン「BASE BREAD(ベースブレッド)」

26種のビタミンやミネラル、 たんぱく質、 食物繊維など、カラダに必要な栄養素がすべて含まれた完全栄養パン。

1食2袋あたり、たんぱく質が27g含まれているので、ダイエット中の方や、美容のために栄養バランスを整えたい方にもおすすめです。

さらに、通常のパンと比べて糖質が30~35%カット(フレーバーによる)されています。

フレーバーは、プレーン・チョコレート・メープル・シナモンの4種類。

調理不要で、袋からサッと取り出してそのまま食べられます。常温で約1ヶ月の保存が可能。

*BASE BREADは、1食2袋で完全栄養になります。

完全栄養パスタ「BASE PASTA(ベースパスタ)」

パスタからそば、アジア風まで、アレンジ自在の完全栄養パスタ。

植物由来のたんぱく質が約30g含まれ、糖質約40%カット(中華めん(生)と比べ)です。

ラインナップは、「BASE PASTA アジアン」と「BASE PASTA フェットチーネ」の2種類。

ゆで時間1~2分で完成。常温で約1ヶ月の保存が可能です。

お得なBASE FOOD継続コース

毎月自宅に届く、BASE FOOD継続コースもあります。

継続コースは、初回20%オフ、2回目以降10%オフの値段で購入できるのでお得です。

いつも食べているパンやパスタをBASE FOODに変えるだけで、自然とカラダが整っていく。コンビニ生活とはおさらばして、BASE FOODで健康生活をはじめませんか?

参考サイト

完全食 BASE FOOD(ベースフード)