フランス語と英語で「熱いから気をつけて」はなんて言う?

フランス語で「熱いよ、気をつけて」ってなんて言えばいいの??

今回の簡単フランス語&英会話は、「熱いから気をつけて」です。

熱いよ! = C’est chaud !

フランス語で「熱いよ!」は☟

C’est chaud !

(セ ショ)

と言います。

C’est(セ)は英語の It’s「それは」、chaud(ショ)は hot「熱い」にあたる表現です。

  • C’est = It’s
  • chaud = hot

つまり、“C’est chaud !” は英語でいう “It’s hot!” にあたるフレーズということですね。


C’est chaud !

= It’s hot!

= 熱いよ!


なお、「気をつけて!」はフランス語で Attention !(アタンスィヨン)と言います。英語の Careful ! にあたるフレーズです。

Attention, c’est chaud !

(アタンスィヨン、セ ショ)

「気をつけて、熱いよ!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA