フランス語&英語で「(値段が)ちょっと高い / 高すぎる」はなんて言う?

フランス語で「ちょっと高いね」と言いたいときは??

今回の簡単フランス語&英会話は、「高い / ちょっと高い / 高すぎる」です。

関連記事

フランス語&英語で「安いね」はなんて言う?

高いね = C’est cher.

フランス語で「高いね」は、“C’est cher.”(セ シェール)と言います。

C’est(セ)は英語の It’s、cher(シェール)は expensive「高い」にあたる表現です。

つまり、“C’est cher.” は英語でいう “It’s expensive.” ということですね。


C’est cher. = It’s expensive. = 高いね


ちょっと高いね = C’est un peu cher.

「ちょっと高いね」と言いたいときは、un peu(アン プ)をつけて “C’est un peu cher.”(セ タンプ シェール)と言います。

un peu は英語の a little / a bit「少し」にあたる表現です。なので、こちらは “It’s a bit expensive.” ということですね。


C’est un peu cher. = It’s a bit expensive. = ちょっと高いね


高すぎるね = C’est trop cher.

「高すぎるね」と言いたいときは、trop(トロ)をつけて “C’est trop cher.”(セ トロ シェール)と言います。

trop は英語の too「~すぎる」にあたる単語です。


C’est trop cher. = It’s too expensive. = 高すぎるね


ちなみに、英語の expensive は pricey に置き換えて言うこともできますよ。

  • It’s pricey.
  • It’s a bit pricey.
  • It’s too pricey.