フランス語と英語で「辛い / 辛すぎる」はなんて言う?

フランス語で「これ辛すぎる」ってなんて言えばいいの??

今回の簡単フランス語&英会話は、「辛い / 辛すぎる」です。

関連記事

フランス語と英語で「そんなに辛くないよ」はなんて言う?

辛い = C’est épicé.

フランス語で「辛い」は☟

C’est épicé.

(セ テピセ)

と言います。

C’est(セ)は英語の It’s、épicé(エピセ)は spicy「辛い」にあたる表現です。

  • C’est = It’s
  • épicé = spicy

つまり、“C’est épicé.” は英語でいう “It’s spicy.” にあたるフレーズということですね。


C’est épicé.

= It’s spicy.

= 辛い


「辛い?」と聞くときは、“C’est épicé ?” と語尾を上げて発音します。

辛すぎる = C’est trop épicé.

「辛すぎる」と言いたいときは、trop(トロ)をつけて☟

C’est trop épicé.

(セ トロ エピセ)

と言います。

trop は英語の too「~すぎる」にあたる単語です。


C’est trop épicé.

= It’s too spicy.

= 辛すぎる


ちなみに英語で「辛すぎる」は、“It’s too hot.” という表現方法もありますよ。