フランス語と英語で「甘い / 甘すぎる / 甘すぎない」はなんて言う?

フランス語で「これ甘すぎる」ってなんて言えばいいの??

今回の簡単フランス語&英会話は、「甘い / 甘すぎる / 甘すぎない」です。

関連記事

フランス語と英語で「苦い / 苦くない?」はなんて言う?

甘い = C’est sucré.

フランス語で「甘い」は☟

C’est sucré.

(セ スュクレ)

と言います。

C’est(セ)は英語の It’s、sucré(スュクレ)は sweet「甘い」にあたる表現です。

  • C’est = It’s
  • sucré = sweet

つまり、“C’est sucré.” は英語でいう “It’s sweet.” にあたるフレーズということですね。


C’est sucré.

= It’s sweet.

= 甘い


「甘い?」と聞くときは、“C’est sucré ?” と語尾を上げて発音します。

甘すぎる = C’est trop sucré.

「甘すぎる」と言いたいときは、trop(トロ)をつけて☟

C’est trop sucré.

(セ トロ スュクレ)

と言います。

trop は英語の too「~すぎる」にあたる単語です。


C’est trop sucré.

= It’s too sweet.

= 甘すぎる


なお、C’est ➜ Ce n’est pas(ス ネ パ)に変えて☟

Ce n’est pas trop sucré.

(ス ネ パ トロ スュクレ)

と言うと「甘すぎない」という意味になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA