フランス語と英語で「超おいしかった」はなんて言う?

フランス語で「超おいしかった〜!」ってなんて言えばいいの??

今回の簡単フランス語&英会話は、「おいしかった」「超おいしかった」です。

関連記事

フランス語&英語で「おいしい / とっても美味しい」はなんて言う?

おいしかった = C’était bon !

フランス語で「おいしかった」は☟

C’était bon !

(セテ ボン)

と言います。

C’était(セテ)は英語の It was、bon(ボン)は good「おいしい」にあたる表現です。

était(エテ)は英語の be動詞にあたる “être”(エートル)の過去形。

  • C’était = It was
  • bon = good

つまり、“C’était bon !” は英語でいう “It was good!” にあたるフレーズということですね。


C’était bon !

= It was good!

= おいしかった


なお「とてもおいしかった」「超おいしかった」のように強調したいときは、très(トレ)や tellement(テルマン)をつけて☟

C’était très bon !

(セテ トレ ボン)

C’était tellement bon !

(セテ テルマン ボン)

と言います。

très は英語の very、tellement は so にあたる単語です。