簡単フランス語会話「どういたしまして」はなんて言う?

フランス語で「どういたしまして」と言いたいときは??

今回の簡単フランス語会話は、「どういたしまして」です。

関連記事

フランス語&英語で「ありがとう / 本当にありがとう」はなんて言う?

どういたしまして = De rien.

フランス語で「どういたしまして」はいくつかの言い方がありますが、最も一般的に使われているのが☟

De rien.

(ドゥ リヤン)

です。

“De rien.” を文字通りに訳すと、“It’s nothing.”「何てことないですよ。」という意味になります。

例えば、

  • 道を譲ってあげたとき
  • ドアを開けてあげたとき
  • 落とし物を拾ってあげたとき

などに相手から “Merci.”(メルスィ)「ありがとう」と言われたら、“De rien.”(ドゥ リヤン)「どういたしまして(何てことないですよ) 」と返すイメージですね。

どういたしまして(フォーマル)= Je vous en prie.

ビジネスなどフォーマルなシーンで使うときは☟

Je vous en prie.

(ジュ ヴ ザン プリ)

と言います。

vous(ヴ)の “s” と、en(アン)の “e” がつながって、「ザン」と発音されます。

vous en

× ヴ アン
○ ヴ ザン

どういたしまして(カジュアル)= Je t’en prie.

また、相手が友だちや知り合いなら☟

Je t’en prie.

(ジュ タンプリ)

という言い方もありますよ。


どういたしまして

De rien.(「何てことないですよ」のニュアンス)

Je vous en prie.(ビジネスやフォーマルな場で)

= Je t’en prie.(友だちや知り合い限定)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA