最低限これだけは押さえておきたい!旅行で使えるひと言フランス語5フレーズ

「英語が通じるから大丈夫」とは言っても、現地の言葉を使えたら旅行気分も盛り上がること間違いなし!

ということで、今回は「最低限これだけは押さえておきたい」というフランス語のひと言フレーズを5つ紹介します。

1.おはようございます / こんにちは

Bonjour.(ボンジュール)

フランス語で「おはようございます」と「こんにちは」はどちらも “Bonjour.(ボンジュール)”。

お店に入ると店員さんが笑顔で “Bonjour.” と言ってくれるので、あなたも笑顔で “Bonjour.” と返しましょう。

夕方以降は “Bonjour.” ➔ “Bonsoir.(ボンソワール)” という挨拶に変わります。“Bonsoir.” は「こんばんは」という意味です。

2.ありがとう

Merci.(メルスィ)

どこの国に行っても現地の言葉で「ありがとう」は絶対に覚えておきたいもののひとつ。

日本を訪れている外国人旅行者が日本語で「ありがとう」と言ってくれたらうれしいですよね。

それと同じように、現地の人も旅行者からフランス語で “Merci.(メルスィ)” と言われたらうれしいはずです。

3.よい一日を

Bonne journée.(ボヌ ジュルネ)

日本語では別れ際に「よい一日を」と言うことはあまりないですよね。

でも、フランス語では別れ際に “Bonne journée.(ボヌ ジュルネ)” という挨拶を交わすのが一般的。店員さんは必ずと言っていいほど最後にひと言 “Bonne journée.” と言ってくれます。

店員さんに “Bonne journée.” と言われたら、“Merci, bonne journée.(メルスィ、ボヌ ジュルネ)” または “À vous aussi.(ア ヴ オスィ)” と返しましょう。“À vous aussi.” は「あなたも(よい一日を)」という意味です。

4.すみません

Pardon.(パルドン)

すれ違いざまにちょっと肩や腕が当たってしまったときなどは、“Pardon.(パルドン)” と言って謝るのがポイント。 日本語で「すみません」と言って謝るのと同じ感覚で使える便利な表現です。

もし相手の気分を害してしまって本気で謝りたいときは、“Je suis désolé(e).(ジュ スュイ デゾレ)” と言って謝りましょう。

話し手(あなた)が女性の場合は最後に e がついて、désolée になります。

ただし、発音はどちらも同じ「デゾレ」なので、書くとき以外は気にしなくても大丈夫です。

5.はい / いいえ

Oui.(ウィ)/ Non.(ノン)

フランス語で「はい」は “Oui.(ウィ)”、「いいえ」は “Non.(ノン)” です。

旅行先で「はい」「いいえ」と答える場面はあまりないと思いますが、買い物の際に店員さんに “Vous voulez un sac ?(ヴ ヴレ アン サック)”「袋はいりますか?」と聞かれて、“Oui.” または “Non.” と答えることがあるかもしれません。

「何だか物足りない!」という方はこちらをチェック☟

フランス語で『~ください』は?カフェでの注文の仕方【会話例文つき】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA