フランス語の最重要動詞 être(エートル)の意味は?活用/発音を簡単解説

フランス語の être ってなに?どんなときに使うの?

今回はフランス語の最重要動詞[être(エートル)]について分かりやすく簡単に解説します。

フランス語の動詞 être は英語のbe動詞にあたるもの

フランス語の動詞 être(エートル)は最も重要、かつ最も頻繁に使われる単語のひとつです。

どんなときに使われるかと言うと、例えば☟

1.Je suis japonais.(ジュ スュイ ジャポネ)

  「わたしは日本人です。」

2.Vous êtes japonais ?(ヴ ゼトゥ ジャポネ)

  「あなたは日本人ですか?」

3.Ils sont japonais.(イル ソン ジャポネ)

  「彼らは日本人です。」

など。

ここで登場する suis(スュイ)や êtes(エトゥ)、sont(ソン)は全て être のカタチが変わったものです。

ちなみに、上の文を英語にすると☟

1.I am Japanese.

2.Are you Japanese?

3.They are Japanese.

になります。

つまり、フランス語の動詞 être は、英語でいう be動詞(is, am, are)にあたる単語ということですね。

フランス語
être

英語
be

英語の be動詞が主語(「わたし」、「あなた」 など)や時制(現在形、過去形など)によって、is / was / are / were などに変わるのと同じように、フランス語の être も主語や時制によってカタチが変わります。

では、どのようにカタチが変わるのでしょうか??

être の活用一覧がこちらです(カタチが変わることを「活用」と言います)☟

être の活用 一覧〈現在形〉

フランス語の太字になっている部分が être の活用形です。

フランス語日本語英語
Je suis(ジュ スュイ)私はI am
Tu es(テュ エ)あなたは(カジュアル)You are
Il / Elle est(イレ / エレ)
On est(オネ)
彼 / 彼女は
私たちは(カジュアル)
He / She is
We are
Nous sommes(ヌ ソム)私たちはWe are
Vous êtes(ヴ ゼトゥ)あなたは(フォーマル)
あなたたちは
You are
Ils / Elles sont(イル ソン / エル ソン)彼 / 彼女らはThey are

現在形の場合、英語だと is / am / are の3種類のみですが、フランス語だと☟

  • suis(スュイ)
  • es(エ)
  • est(エ)
  • sommes(ソム)
  • êtes(エトゥ)
  • sont(ソン)

全部で6種類、つまり主語が「わたし」なのか「あなた」なのかなどによって、全てカタチが変わるということですね。

こればっかりはもう暗記するしかありません・・・。

暗記するときは être の活用形だけでなく、主語と一緒に覚えた方が実用的です。

être の活用〈現在形〉暗記用ページはこちら☟

フランス語の最重要動詞[être(エートル)][avoir(アヴォワル)]の活用一覧〈現在形〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA