フランス語&英語で「気をつけて!/ みんな気をつけて!」はなんて言う?

フランス語で「気をつけて!」と言いたいときは??

今回の簡単フランス語&英会話は、「気をつけて!」「みんな気をつけて!」です。

関連記事

フランス語と英語で「危ないよ」はなんて言う?

気をつけて! = Fais attention !

フランス語で「気をつけて!」は、“Fais attention !”(フェ アタンスョン)と言います。

“Fais attention !” は英語でいう “Be careful!” にあたるフレーズです。


Fais attention ! = Be careful! = 気をつけて!


1人ではなく、何人かに対して「みんな気をつけて!」と言いたいときは、Fais(フェ)を Faites(フェットゥ)に変えて☟

Fais ➜ Faites

 Faites attention !

 (フェットゥ ザタンスョン)

と言います。

英語では “Be careful!” の Be を省略して “Careful!” と言うケースも多いですが、フランス語でも同じように、Fais(Faites)を省略して “Attention !”(アタンスョン)だけでもよく使われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA