太りやすい/太りにくい食べ物は?データが示す食べ物と体重の関係

QR2 – 2分以内で読めます

インターネットで「太りやすい/太りにくい食べ物」について検索してみると、さまざまな情報で溢れかえっていますよね。

結局どの食べ物が太りやすくて、どの食べ物が太りにくいのでしょうか。データが示す食べ物と体重の関係とは⁈

フライドポテトを食べたりジュースを飲む人は太る傾向がある

食べ物と体重の関係を調べた研究に、ハーバード大学などの研究チームが2011年に発表した論文があります。

この研究は、食べ物が体重にどのような影響を及ぼすかを調べるために、アメリカの男女約12万人を12~20年間にわたって追跡調査したものです。

その結果、体重が増えた人が好んで食べていたものが、次のようなものであることがわかりました。

体重が増えた人が食べていたもの

*縦軸は4年間での体重の変化を示す(単位:kg)

フライドポテトやポテトチップス、ジュース、赤い肉*、加工肉* などを好んで食べていた人は、太りやすい傾向があったことがわかります。

*赤い肉:牛肉や豚肉など
*加工肉:ハムやソーセージなど

ヨーグルトやナッツ・フルーツを食べる人はやせる傾向がある

一方、体重が減った人が好んで食べていたものは次のようなものです。

体重が減った人が食べていたもの

*縦軸は4年間での体重の変化を示す(単位:kg)

ヨーグルトやナッツ、フルーツなどを好んで食べていた人はやせる傾向がありました。

興味深い点は、同じカテゴリーの食べ物でも “加工方法” によって太りやすさが異なるということです。

同じ穀物でも “精白されたもの” * を食べていた人は太り、“精白されていないもの” * を食べていた人はやせる傾向がありました。

また、新鮮なフルーツを食べていた人はやせる傾向があり、フルーツジュースを飲んでいた人は太る傾向があることがわかります。

*精白された穀物:白米や白いパン、ラーメン、パスタ、うどんなど
*全粒穀物:玄米やそば、全粒粉やオートミールなど

QR2 – 2分以内で読めます

参考文献

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事|津川 友介(著)東洋経済新報社

最新の膨大な研究論文をもとに、複数の質の高い研究で体に良いことが科学的に証明されている食事を紹介。

Quick Reads – スグ読める