フランス語の重要表現[Il y a]の読み方&意味は?分かりやすく簡単に解説

フランス語の “Il y a” ってどういう意味?なんて読むの?

今回はフランス語の重要表現のひとつ、[Il y a]について分かりやすく簡単に解説します。

Il y a は英語の There is / are「~がある(いる)」にあたる表現

フランス語の “Il y a ~” は「~がある(いる)」という意味です。英語でいう “There is / are ~” にあたる表現ですね。

Il(イル)と y(イ)と a(ア)が全部つながって、「イリヤ」と発音されます。

“Il y a” のあとに人やモノ・コトを入れることで、「~がある(いる)」と言うことができますよ。

例えば☟

Il y a un problème.

 (イリヤ アン プロブレム)

 「ひとつ問題があります。」

Il y a des problèmes.

 (イリヤ デ プロブレム)

 「いくつか問題があります。」

など。“Il y a” のあとには単数形でも複数形でも、どちらでも入れることができます。

なお、① と ② の文を英語にすると☟

There is a problem.

There are problems.

になります。

“There is” “There are” のどちらのケースでも、フランス語では “Il y a” ひとつでカバーできるということですね。

Il y a
フランス語

There is / are
英語

un と des はなにが違うの?という方はこちらをチェック☟

【フランス語入門】 un / une / des の違いは?不定冠詞の使い分けを簡単解説

Il y a の疑問文は語尾のイントネーションを上げて発音するだけ

“Il y a” を使って「~はありますか?」と聞く方法はとても簡単です。

文の構造はそのままで、語尾のイントネーションを上げるだけで疑問文になります。

例えば☟

Il y a des problèmes.

(イリヤ デ プロブレム)

「いくつか問題があります。」

を疑問文にしたいときは☟

Il y a des problèmes ?

(イリヤ デ プロブレム

「何か問題はありますか?」

と語尾のイントネーションを上げて発音します。

疑問文 ➜ 語尾を上げて発音する

では、「~がありません」のように否定文にしたいときは??

Il y a の否定形は Il n’y a pas de ~(イル ニヤ パ ドゥ)

否定文にしたいときは、“Il y a ~” を “Il n’y a pas de ~”(イル ニヤ パ ドゥ)に変えます。

例えば☟

Il y a un problème.

(イリヤ アン プロブレム)

「ひとつ問題があります。」

を否定文にしたいときは☟

Il n’y a pas de problème.

(イル ニヤ パ ドゥ プロブレム)

「問題はありません。」

というカタチにします。

否定文 ➜ Il n’y a pas de ~

なぜ un が de になるの?という方はこちらをチェック☟

不定冠詞の un が de に変わる⁈フランス語の否定文のルールを簡単解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA