簡単フランス語会話「38℃の熱があります」はなんて言う?

あ~何だか体がダルい、頭も痛いし・・・

フランス語で「38℃の熱があります」ってなんて言えばいいの??

今回の簡単フランス語会話は、「○○ ℃の熱があります」です。

関連記事

簡単フランス語会話「あたま / おなか / 腰 / 歯が痛い」はなんて言う?

熱があります = J’ai de la fièvre.

フランス語で「熱があります」は☟

J’ai de la fièvre.

(ジェ ドゥ ラ フィエェヴル)

と言います。

“J’ai de la fièvre.” は英語でいう “I have a fever.” にあたるフレーズです。


熱があります

= J’ai de la fièvre.


○○ ℃の熱があります = J’ai ○○ de fièvre

「○○ ℃の熱があります」と言いたいときは☟

J’ai ○○ de fièvre

(ジェ ○○ ドゥ フィエェヴル)

の ○○ のところに数字を入れます。

例えば、「38℃の熱があります。」は☟

J’ai 38 de fièvre.

(ジェ トランテュイトゥ ドゥ フィエェヴル)

「39℃の熱があります。」は☟

J’ai 39 de fièvre.

(ジェ トラントゥ ヌフ ドゥ フィエェヴル)

「40℃の熱があります。」は☟

J’ai 40 de fièvre.

(ジェ キャラントゥ ドゥ フィエェヴル)

です。


○○ ℃の熱があります

= J’ai ○○ de fièvre


「ウチの子、○○ ℃の熱があるんです。」と言いたいときは☟

息子の場合

Il a ○○ de fièvre

(イラ ○○ ドゥ フィエェヴル)

娘の場合

Elle a ○○ de fièvre

(エラ ○○ ドゥ フィエェヴル)

のように、J’ai の部分を Il a(イラ)/ Elle a(エラ)に置き換えます。

Il(イル)は「彼」、Elle(エル)は「彼女」という意味です。