フランス語と英語で「悪くないと思うよ」はなんて言う?

フランス語で「悪くないと思うよ」ってなんて言えばいいの??

今回の簡単フランス語&英会話は、「悪くないと思うよ」です。

悪くないと思うよ = Je pense que ce n’est pas mal.

フランス語で「悪くないと思うよ」は☟

Je pense que ce n’est pas mal.

(ジュ パンス ク ス ネ パ マル)

と言います。

Je pense que …(ジュ パンス ク)で「… だと思う」という意味になります。英語の I think … にあたる表現ですね。

c’est(セ)は英語の it’s、mal(マル)は bad「悪い」にあたる表現です。

  • c’est mal = it’s bad

動詞(ここでは est)を ne(ヌ)と pas(パ)で挟んで、ne … pas というカタチにすると「… ない」という否定の意味になります。

  • ce n’est pas mal = it’s not bad

ne のあとに母音「e」がつづいているので、e が消えて n’ というカタチに。

ne est pas ➜ n’est pas

  • Je pense que = I think
  • ce n’est pas = it’s not
  • mal = bad

つまり、“Je pense que ce n’est pas mal.” は英語でいう “I think it’s not bad.” にあたるフレーズということですね。

日常会話では ce n’est pas を省略して、c’est pas(セ パ)と言われることが多いです。


Je pense que c’est pas mal.

= I think it’s not bad.

= 悪くないと思うよ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA