フランス語と英語で「それは残念だったね(同情を示すとき)」はなんて言う?

  • とても不運な出来事を聞いたとき
  • 不幸なお知らせを聞いたとき

フランス語で「それは残念だったね」ってなんて言えばいいの??

今回の簡単フランス語&英会話は、「残念だったね」です。

残念だったね = Je suis désolé / désolée.

フランス語で「残念だったね。」は☟

Je suis désolé.
Je suis désolée.

(ジュ スュイ デゾレ)

と言います。

あなたが男性なら désolé、女性なら最後に e をつけて désolée を使います。ただし、発音はどちらも同じ デゾレ なので、会話のときは気にしなくても大丈夫です。

Je suis(ジュ スュイ)は英語の I am、désolé(デゾレ)は sorry にあたる表現です。

  • Je suis = I am
  • désolé = sorry

つまり、“Je suis désolé.” は英語でいう “I’m sorry.” ということですね。


Je suis désolé.

= I’m sorry.

= 残念だったね


“Je suis désolé.” は同情を示すときのほか、「ごめんなさい」と謝るときにも使われます。

関連記事

簡単フランス語会話「すみません」「ごめんなさい」はなんて言う?

また、“Je suis désolé.” のあとに「それを聞いて」という意味の d’entendre ça(ダンタンドル サ)をつけて☟

Je suis désolé d’entendre ça.
Je suis désolée d’entendre ça.

(ジュ スュイ デゾレ ダンタンドル サ)

という言い方もあります。

こちらは英語でいう “I’m sorry to hear that.” にあたるフレーズです。


Je suis désolé d’entendre ça.

= I’m sorry to hear that.

= それは残念だったね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA