簡単フランス語会話「すみません」「ごめんなさい」はなんて言う?

フランス語で「すみません」と言いたいときは??

今回の簡単フランス語会話は、「すみません」「ごめんなさい」です。

すみません = Pardon.

歩いていて肩が少し触れたときなどに、「すみません。」と軽く謝るニュアンスで使えるのが☟

Pardon.

(パルドン)

です。

英語でいう “Sorry.” にあたる表現ですね。


Pardon. = Sorry. = すみません


Pardon は謝るとき以外にも、「すみません!」と呼びかけるときや、「何ですか(いま何て)?」と聞き返すときにも使われます。

謝るときは Pardon ⤵ と語尾を下げて、呼びかけるときと聞き返すときは Pardon ⤴ と語尾を上げるように発音します。

  • 謝るとき ➜ Pardon. ⤵「すみません。」
  • 呼びかけるとき ➜ Pardon. ⤴「すみません!」
  • 聞き返すとき ➜ Pardon ? ⤴「何ですか?」

ごめんなさい = Je suis désolé. / Je suis désolée.

軽くではなく、本当に謝りたいときは☟

Je suis désolé. / Je suis désolée.

(ジュ スュイ デゾレ )

と言います。

こちらは英語でいう “I’m sorry.” にあたる表現ですね。

あたなが男性なら désolé、女性なら最後に e をつけて désolée を使います。ただし、どちらも発音は同じ「デゾレ」なので、話すときはあまり気にしなくて大丈夫です。

あなたが

  • 男性 ➜ désolé
  • 女性 ➜ désolée

*発音はどちらも「デゾレ」


Je suis désolé. = I’m sorry. = ごめんなさい


また、軽く謝るときに Je suis を取って、“Désolé. / Désolée.”(デゾレ)とだけ言うこともあります。

英語の “I’m sorry.” と “sorry.” の関係に似ていますね。