フランス語&英語で「日本から / 東京から来ました」はなんて言う?

フランス語で「日本から来ました」と言いたいときは??

今回の簡単フランス語&英会話は、「日本から来ました」「東京から来ました」です。

日本から来ました = Je viens du Japon.

フランス語で「日本から来ました」は、“Je viens du Japon.”(ジュ ヴィヤン デュ ジャポン)と言います。

Je は英語の I「わたし」、viens は come「来る」、du は from「~から」にあたる単語です。つまり、“Je viens du Japon.” は英語でいう “I come from Japan.” ということですね。


Je viens du Japon. = I come from Japan. / I’m from Japan. = 日本から来ました。


では、「東京から来ました。」はなんて言う??

東京から来ました = Je viens de Tokyo.

「東京から来ました」は、“Je viens de Tokyo.”(ジュ ヴィヤン ドゥ トキョ)と言います。


Je viens de Tokyo. = I come from Tokyo. / I’m from Tokyo. = 東京から来ました。


関連記事

簡単フランス語会話「どちらのご出身ですか?/ 出身はどこ?」はなんて言う?

du(デュ)と de(ドゥ)の違いは?

du(デュ)と de(ドゥ)はどちらも同じ「~から」という意味です。

国名が男性名詞の場合は viens du、女性名詞の場合は viens de になります。つまり、“du” Japon になっているのは Japon が男性名詞だからということですね。

フランス(France は女性名詞)の場合は☟

Je viens de France.(ジュ ヴィヤン ドゥ フランス)

のように “de” France になります。

viens のあとに Tokyo など都市名がつづく場合は、一部例外はあるもののほとんどのケースで de を使います。

Je viens de Paris.(ジュ ヴィヤン ドゥ パリ)

「パリから来ました。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA