『星の王子さま』で学ぶフランス語「たいせつなことは目に見えない」

名言で学ぶフランス語、今回はフランスの作家サン=テグジュペリの名作『星の王子さま(原題:Le Petit Prince)』に登場する名言です。

今回の名言:『たいせつなことは目に見えない』~星の王子さま~

On ne voit bien qu’avec le cœur. L’essentiel est invisible pour les yeux.

Le Petit Prince

これは物語に登場するキツネが王子さまに言った言葉です。

どのようなメッセージが込められているのでしょうか。今回は、こちらの名言を簡単な解説付きで紹介します。

On ne voit bien qu’avec le cœur.

(オヌ ヴォワ ビヤン クァヴェック ル クール)

on = 人は

ここで使われている on(オン)は一般的な「人」を表します。英語の one にあたる単語ですね。

ne … que ~ = ~ しか … ない

ne(ヌ)は、そのあとの qu’(クュ)とセットになっています。ne … que ~ で、「~ しか … ない」という意味です。

今回の文では … のところに「見る」を意味する voit(ヴォワ)が来ているので(ne voit que ~)、「~ しか見えない」という訳に。

なお、qu’ は que のカタチが変わったものです。que のあとに母音(a)がつづいているので、e が消えて qu’ というカタチになっています。

bien = よく

bien(ビヤン)は英語の well にあたる単語で、「よく」という意味です。

つまり、On ne voit bien que ~ で「~ しかよく見えない」という意味ですね。

avec = ~で

avec(アヴェック)は英語の with にあたる単語です。今回の文では「~で」という訳がぴったりです。

cœur = 心、ハート

(le) cœur(クール)は「心」を意味する単語です。英語の (the) heart ということですね。

avec le cœur(= with the heart)で「心で」という訳になります。

まとめ:On ne voit bien qu’avec le cœur.

これまでの内容を全部つなげて直訳すると、こんな感じになります。

ー On ne voit bien qu’avec le cœur.「人は心でしかよく見えないんだよ。」

L’essentiel est invisible pour les yeux.

(レサンスィエル エ タンヴィズィブル プール レ ズィュ)

essentiel = たいせつなこと

(l’) essentiel(エサンスィエル)は「たいせつなこと」という意味です。

est は英語の is にあたる単語。つまり、L’essentiel est(= The essential is)で「たいせつなことは」という訳になります。

invisible = 見えない

invisible は「見えない」という意味です。英語とスペルも意味も全く同じですね。

ただしフランス語の発音は、“アン” ヴィズィブルになるのでご注意を。

pour = 〜で、~に

pour(プール)は英語の for や to にあたる単語です。

今回の文では to「〜で」「~に」のほうが文脈に合いますね。

yeux = 目

(les) yeux(ユゥ)は「目」という意味です。英語でいう (the) eyes ということですね。

pour les yeux(= to the eyes)で「目で」「目に」という訳になります。

まとめ:L’essentiel est invisible pour les yeux.

これまでの内容を全部つなげて直訳すると、こんな感じになります。

ー L’essentiel est invisible pour les yeux.「たいせつなことは目に見えないんだよ。」


ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない。

星の王子さま
フランス語版 Antoine de Saint-Exupéry (著)
サン=テグジュペリ (著), 河野万里子 (翻訳)