【フランス語入門】 du / de la の違いは?部分冠詞をかんたん解説

フランス語の du とか de la ってなに?どうやって使い分ければいいの?

今回はフランス語の部分冠詞(du / de la)について分かりやすく簡単に解説します。

du / de la はどちらも英語の some「いくらかの」にあたるもの

フランス語の冠詞には「定冠詞[le / la / les]」と「不定冠詞[un / une / des」」、そしてもうひとつ「部分冠詞[du(デュ)/ de la(ドゥ ラ)]」というものがあります。

部分冠詞は英語の some「いくらかの」にあたるもので、“数えられない” ものを指すときに使います。

例えば「水」。水は量を測ることはできても、「1つ、2つ」と数えることはできないですよね。

英語では「(いくらかの)水」と言いたいときに some を使って、some water と表現します(waters とは言わない)。

フランス語もそれと同じ考え方です。「(いくらかの)水」と言いたいときは部分冠詞を使って、de l’eau と表現します(なぜ l’ になっているのかはこのあとで説明します☟)。

日本語フランス語英語
(いくらかの)水de l’eausome water

では、du と de la をどうやって使い分ければいいのでしょうか??

あとに続く名詞が男性 / 女性かで使い分ける

du / de la の使い分けのルールはとてもシンプルです。

それは、du / de la のあとに続く名詞が「男性」か「女性」かによって決まるというもの。

フランス語の名詞にはすべて性別(男性名詞 / 女性名詞)があります。

あとに続く名詞が男性なら du、女性なら de la を使います。

du + 男性名詞

de la + 女性名詞

例えば、フランス語の「牛乳(lait)」は男性名詞なので du lait(デュ レ)、「肉(viande)」は女性名詞なので de la viande(ドゥ ラ ヴィヤンドゥ)というような感じです。

日本語フランス語英語
(いくらかの)牛乳du laitsome milk
(いくらかの)肉de la viandesome meat

なお、あとに続く名詞が「母音(a, e, i, o, u)」から始まる場合は、性別(男性名詞 / 女性名詞)に関わらず de l’ を使います。

先ほど出てきた「水(eau)」は母音(e)から始まっているので、de l’eau(ドゥ ロ)になっているというわけですね。

関連記事

【フランス語入門】 le / la / les の違いは?定冠詞をかんたん解説 【フランス語入門】 un / une / des の違いは?不定冠詞をかんたん解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA