英語で「たくさんの」は?many, a lot, much, plentyの正しい使い分け

「たくさんの」を意味する英語表現を調べると、manyやa lot of, lots of, muchなど多くのパターンが出てきますよね。

「これってどれも同じように使えるの?」「どうやって使い分ければいいの?」

☞ 今回は、many, a lot, much, plentyの正しい使い分けについて勉強します。

使い分けのポイントは2つです。

  1. 数えられるものか、数えられないものか
  2. 肯定文か、否定文・疑問文か

Point 1. 数えられるもの・数えられないもの

まずは基本ルールを抑えましょう。

「たくさんの〇〇」の〇〇の部分が数えられるものか、もしくは数えられないものなのかによって、どれが使えるか(使えないか)が決まります。

数えられるもの=many

数えられるもの(可算名詞)のときは、manyを使います。

可算名詞は、例えば book, car, friend, song, apple など。たくさんありすぎますね…。

many books / many cars / many friends・・・

数えられないもの=much

数えられないもの(不可算名詞)のときは、muchを使います。

不可算名詞には、例えば water, time, money, music, rice, bread, furniture, information, news, work などがあります。

much time / much money / much information・・・

どちらでも使える=a lot of, lots of, plenty of

a lot of, lots of, plenty of は可算名詞と不可算名詞、どちらの場合でも使えます。

a lot of と lots of は全く同じです。

a lot of books / lots of money / plenty of time

plenty ofは「十分なほど」というニュアンス

plenty of には、「十分なほど」というニュアンスを含みます。でも、どのくらいあれば「(十分なほど)たくさん」なのかは、人それぞれ違いますよね。

例えば、I have plenty of money.「お金ならたくさんあるぜ。」(こんなセリフ言ってみたい!)と言ったときに、十分なほどの金額が1万円なのか100万なのかはその人によって違います。

つまり、plenty of はその人にとって「たくさん」ということ。一見少ないように思えても、その人にとって十分なほど「たくさん」なら plenty of なんです。

Point 2. 肯定文・否定文・疑問文

many, a lot, muchを正しく使い分けるには、「数えられるもの」「数えられないもの」のほかに、もうひとつ気をつけるべきポイントがあります。

それは、その分が肯定文なのか、もしくは否定文疑問文なのかです。

muchは肯定文で使われることはあまりない

muchは、不可算名詞のときに使える表現でしたね。ただ、ネイティブスピーカーの人たちは、このmuchを肯定文で使うことはあまりないようです。

世界的ベストセラーの文法書「Grammar in Use」にはこのように書かれています。

Much is unusual in positive sentences (especially in spoken English).

「口語(話し言葉)では、much を肯定文で使うことはまれ。」

Grammar in Use

例えば、「昨日、お金たくさん使っちゃった。」と言いたいときは、

⇨ I spent much money yesterday. ではなく、

⇨ I spent much a lot of money yesterday. の方が自然ということですね。

× I spent much money yesterday.

○ I spent a lot of money yesterday. / I spent lots of money yesterday.

many, a lot of, lots of はどんな文でも使える

many, a lot of, lots of は、肯定文・否定文・疑問文、どんな文でも使えます。

We use many, a lot of, and lots of in all kinds of sentences.

「many, a lot of, lots of は、あらゆる文で使える。」

Grammar in Use

Do you have many friends?(疑問文)

「友だちいっぱいいる?」(エッ、それ聞く?)

You don’t have many friends.(否定文)

「あまり友だちいないのね。」(失礼な…。)

I have a lot of friends.(肯定文)

「オレ友だちいっぱいいるんだ。」(なんだコイツ!)

迷うくらいならa lot of, lots ofを使おう

ここまでの内容をまとめます。

数えられるもの:many

数えられないもの:much

どちらでも使える:a lot of, lots of, plenty of

ーーー

肯定文であまり使われない:much

どんな文でも使える:many, a lot of, lots of

使い分けについてはわかったけど、ひとつ問題が…。

可算名詞なのか不可算名詞なのかわからない(迷う)!」

ということで、迷うくらいなら a lot of, lots of を使いましょう。この2つなら肯定文や否定文、疑問文、どんな文でも使えるので便利ですよね。

会話をしていて、「この人、a lot of 連発してるなー。」なんて思われることは、きっとないでしょう。

おすすめの英文法書

世界的ベストセラーの文法書「Grammar in Use」では、今回のテーマ「many, a lot, much, plenty」についてさらに詳しく、例文を交えながら説明しています。

この本は、英文法を英語で学ぶテキストですが、簡単にわかりやすく説明されているので、「エッ、英文法を英語で勉強するなんてムリ。」という方でもチャレンジしてみる価値大です。会話でそのまま使える例文もたくさん載っていますよ。

  • 中級者向け(TOEIC450~750) 

アメリカ英語版はこちら

Grammar in Useのアメリカ英語版。扱う内容はほぼ同じで、上記オリジナル版をアメリカ英語に直したバージョンです。

  • 中級者向け(TOEIC450~750) 

関連記事

「少ない」を表す英語 little, a little, few, a fewの正しい使い分け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です