ニュースがわかる!知っておきたいキーワード【マーケット・投資】編

ニュースがわかる!知っておきたいキーワードの【マーケット・投資】編です。

キーワードは随時追加・更新されます。

「ニュースがわかるキーワード」そのほかのシリーズはこちら

時価総額

企業の株価に発行済株式数を掛けて算出される額。企業がもつ市場価値を表す。つまり、時価総額が高い=企業としての価値が高いということ。

資本金

会社を設立する際や新規事業を立ち上げる際に、株主が会社に出資した金額のこと。返済する義務がない資金。

日経平均

株式市場の状況を表すために使われる株価指数。東証一部に上場する225社の株価をもとに算出。別名「日経225」。

ユニコーン企業

「創業10年以内」「評価額10億ドル以上」の未上場ベンチャー企業。高い成長が見込まれるベンチャー企業を伝説の生き物「ユニコーン」に重ね合わせて表現されたもの。

ロビンフッド(Robinhood)

アメリカ発の証券取引アプリ。手数料なしで株の売買ができることから、アメリカでは若い世代を中心に利用者が急増。彼らは「ロビンフッダ―」と呼ばれている。

ESG投資

ESGに積極的に取り組む企業に投資すること。ESGとは、企業の持続的な成長のために重要とされる3つの要素、「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(ガバナンス)」。

IPO

Initial Public Offeringの略で「株式公開」といわれる。企業が新規に上場し、株式を市場で売買できるようにすること。

NASDAQ(ナスダック)

アメリカにある世界最大のベンチャー企業向けの株式市場。GAFAM(ガーファム)と呼ばれる巨大IT企業5社は、いずれもNASDAQに上場している。

NYダウ

アメリカの代表的な株価指数「ダウ平均株価」のこと。ニューヨーク証券取引所とNASDAQ(ナスダック)に上場している30社の株価をもとに算出される。

ROE

Return on Equityの略で「自己資本利益率」といわれる。株主が投資したお金をいかに効率良く使って利益を上げたかを示している。ROEが高い会社=経営効率が良い会社。一般的に、10%を上回ると優良企業といわれる。

SPAC

Special Purpose Acquisition Companyの略で「特別買収目的会社」といわれる。未公開企業の買収を目的に設立された会社のこと。SPACの上場後、買収された未公開企業と合併することで、未公開企業が実質的な上場会社となる。

S&P500

アメリカの代表的な株価指数。ニューヨーク証券取引所などに上場している会社の中から選ばれた500社の株価をもとに算出される。構成銘柄上位は、アップル・マイクロソフト・アマゾン・フェイスブック・グーグルなど(2020年末時点)。

TOPIX(トピックス)

日経平均と並ぶ代表的な株価指数「東証株価指数」のこと。東証1部上場の全会社の時価総額をもとに算出される。

関連ページ

ニュースがわかる!知っておきたいキーワード【経済】編