人を惹きつける文章の書き方とは?心を動かす「書かない」3原則

「人を惹きつける文章って、どうやったら書けるようになるの?」

ブログやSNSをやっているけど、なかなか読んでもらえない。メールを書いても思うような反応が得られない。こんな悩みはありませんか?

↑まぁ、それぼくですけどね。

ということで、「どうやったら多くの人に読んでもらえるかな〜」ってヒントを探しているときに、こんな本を見つけました。

「禁断の」って、何だかタイトルからしてスゴそうですよね。一体どんな文章術なんでしょうか、今回は少しだけ紹介したいと思います。

文章は人を動かすために書く

あなたが文章を書く目的は何ですか?

・・・もちろん読んでもらうためですよね。でも、「読んでもらって、はい終わり」だとちょっと物足りない感じがしませんか?

文章を書く目的、それは「人を行動させること」。

文章とは、読まれるために書くものではない。行動させるために書くものだ。

人を操る禁断の文章術

文章を読んだときに、言葉に反応して頭の中にあるイメージがふくらむ。そして自然と心が動かされる。それが「いい文章」なんだといいます。

心を動かす「書かない」3原則

「じゃあ、心を動かす文章を書くためにはどうすればいいの?」って思いますよね。

心を動かす文章を書くためには、3つの原則があります。

  1. あれこれ書かない
  2. きれいに書かない
  3. 自分で書かない

「それ、全部やっちゃってるし!」

1. あれこれ書かない

文章を書いていると、ついつい「あれも伝えなきゃ」「これも伝えなきゃ」となってしまいます。

でも、それってよく考えれば自己満足なのかも…。

ゴールを設定する

書くときのポイントは、「自分が何を伝えたいか」ではなく、「相手にどんな行動をして欲しいか」で考えること。

なぜなら、文章の目的は「人を動かすこと」だからです。

「相手にどんなリアクションをして欲しいか」についてイメージができていなければ、人の心を動かす文章は書けない。

人を操る禁断の文章術

「まずはゴールを設定しろ!」ということですね。

あえて短い文章で書く

人は、受け取った情報が足りないとき、想像を膨らませたり、予測で判断する習性があるそうです。

だから、文章を書くときに、「あえて情報量を少なくする」ことで、読み手の都合のいいように「想像してもらう」ことができる、というわけです。

「きちんと説明された長い文章を書く必要はない」と言われると、少し気がラクになりますよね。

POINT

ゴールを設定する

あえて短い文章で書く

2. きれいに書かない

文章を書くとき、「きれいな文章を書かなきゃ」と思っていませんか?言葉づかいや句読点の使い方などであれこれ悩んだり。

(↑まぁ、それもぼくなんですけどね…。)

きれいな文章を書いても、読み手の心には届きません。

感情に働きかける

人は論理ではなく感情で動く」って、どこかで聞いたことありませんか?きれいな文章は、読んでいて理解はできても、心を揺さぶることはありません。

だから、人を動かすには、当たり障りのない文章ではなく、個人的な思いや背景が盛り込まれた文章を書くこと。

つまり、「感情に働きかけるような文章を書け!」ということです。

話しかけるように書く

そう言われても、どうやって書けばいいのかわからないですよね。

感情を動かすような文章を書くコツは、「話しかけるように書くこと」だといいます。

本に書いてある例文を紹介します。つい観たくなるような文章はどっちですか?

① 恋に迷っているときに観たい映画

②「ねぇ、私のこと本当に好き?」とカレに聞く前に、この映画を観て下さい

人を操る禁断の文章術

おそらく、②を選ぶ人のほうが断然多いはず。

「ねぇ、私のこと本当に好き?」というフレーズがあるだけで、自然と相手の顔とその場面を思い浮かべてしまいますよね。

このように「話しかけるように」書けば、読み手の気持ちにグイっと近づくことができるんだそうです。

POINT

感情に働きかける

話しかけるように書く

3. 自分で書かない

自分が伝えたいこと、読んでもらいたいことをひたすら書く。これもよくやってしまいますよね。

でも書いた文章には、必ずそれを読む人がいます。自分が一生懸命書いた文章でも、読む人の心に刺さらなければ、サラっと読まれて終わりです。

自分の書きたいことを書かない

「エッ、ダメなの~?!」(「また登場しちゃったニャン。」)

大切なのは、読み手が「何を求めているのか」「どうしたいと願っているのか」を考えて書くこと。

つまり、第3の原則「自分で書かない」とは、「自分の書きたいことを書かない」ということなんです。

ついつい自分が書きたいことを書いてしまう。これを避けるためには、具体的な読み手をイメージして書くことだといいます。

読み手をイメージして書く

家族や友だち、会社の同僚など、身近にいる具体的な人をイメージして、その人に向けて書く。

その人が、何に関心があって、どんなことで悩んでいるのか。その人のライフスタイルは?どんな言葉なら刺さるかな?を考えること。

書くべきことは自分の頭の中ではなく、相手の心の中にあります。「何を書こうかな」ではなく、「あの人は何を読みたいのかな」と考えることが重要です。

文章は自分で考えるな!書くべきことは相手の心の中にある

人を操る禁断の文章術
POINT

自分の書きたいことを書かない

読み手をイメージして書く


参考書籍

今回は、この本の中の「心を動かす文章の3原則」の部分を参考にしました。

この本では、さらに、読み手の感情をゆさぶる「7つの引き金(トリガー)」と、読み手の心を操るために使える「5つのテクニック」も紹介されています。

気になる方は、ぜひ手に取って読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です