フランス語で「ありがとう」- Merci de と Merci pour の違いは?使い分けを簡単解説

Merci de ~ と Merci pour ~ ってなにが違うの?どうやって使い分ければいいの?

今回はフランス語で「~してくれて / ~をありがとう」を意味する表現、Merci de と Merci pour の使い分けについて分かりやすく解説します。

Merci de のあとには不定詞(動詞の原形)がつづく

Merci(メルスィ)のあとに不定詞(動詞の原形のこと)がつづく場合は de(ドゥ)を使います。

分かりやすく言うと、日本語の「~してくれてありがとう」のイメージに近いのが “Merci de ~” です。

例えば、「来てくれてありがとう。」と言いたいときは☟

Merci d’être venu(e).

(メルスィ デートル ヴヌュ)

  • de のあとに母音[a, e, i, o, u]がつづく場合は、de の e が消えて d’ になります。

de être ➜ d’être

  • 相手が女性の場合は venue のように最後に e が付きますが発音は変わりません。

「招待してくれてありがとう。」と言いたいときは☟

Merci de m’avoir invité(e).

(メルスィ ドゥ マヴォワル アンヴィテ)

  • m’ は me のカタチが変わったもの。すぐあとに母音[a]がつづいているので、me の e が消えて m’ になっています。

 me avoir ➜ m’avoir

  • 話し手が女性なら最後に e が付いて invitée になります(発音は変わりません)。

のように “Merci de ~” を使います。

Merci de + 不定詞

Merci pour のあとには名詞がつづく

Merci のあとに名詞や代名詞がつづく場合は pour(プール)を使います。

日本語の「~をありがとう」のイメージに近いのが “Merci pour ~” ですね。

例えば、「お花をありがとう。」と言いたいときは☟

Merci pour les fleurs.

(メルスィ プール レ フルール)

「いろいろとありがとう。」と言いたいときは☟

Merci pour tout.

(メルスィ プール トゥ)

のように “Merci pour ~” を使います。

Merci pour + 名詞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA