【フランス語入門】mon / ma / mes の違いは?所有形容詞の使い分けを簡単解説

フランス語の mon とか ma ってなに?なにが違うの?

今回はフランス語の所有形容詞(「私の」「あなたの」「彼 / 彼女の」など)について分かりやすく簡単に解説します。

mon / ma / mes はどれも意味/役割は同じ

mon(モン)と ma(マ)と mes(メ)は実はどれも役割は同じで、これらはすべて「私の」を意味します(英語でいう my にあたるもの)。

例えば、フランス語で「私の ○○」は次のように言います。

①「私のバッグ」

  ➜ mon sac(モン サック)

②「私の時計」

  ➜ ma montre(マ モントゥル)

③「私のメガネ」

  ➜ mes lunettes(メ ルュネットゥ)

なお、① ~ ③ を英語にすると☟

my bag

my watch

my glasses

のようになります。

英語で「私の」と言いたいときは常に my を使いますが、フランス語では mon / ma / mes の3つを使い分ける必要があるということですね。

では、それらをどのように使い分ければいいのでしょうか??

あとに続く名詞の「性別(単数 / 複数)」によって使い分ける

使い分けのルールはとてもシンプルです。

それは、「私の ○○」の ○○ のところに入る名詞が「男性」か「女性」か「複数」かによって使い分けるというもの。

フランス語の名詞にはすべて性別(男性名詞 / 女性名詞)があります。

あとに続く名詞が「男性名詞」の場合は mon(モン)、「女性名詞」の場合は ma(マ)、「複数形」の場合は mes(メ)を使います。

先ほどの例 ① の「バッグ(sac)」は男性名詞なので mon、「時計(montre)」は女性名詞なので ma、「メガネ(lunettes)」は複数形なので mes を使うというわけですね。

あくまでも名詞の性別によって使い分けるのであって、所有者の性別は全く関係ないというところがポイントです。

あなたが女性であっても「私のバッグ」は ➜ mon sac(モン サック)、男性であっても「ぼくの時計」は ➜ ma montre(マ モントゥル)です。

使い分けのルールをまとめるとこのようになります☟

mon

男性名詞

ma

女性名詞

mes

複数形
(男性/女性に関わらず)

なお、あとに続く名詞が女性名詞であっても、母音[a, e, i, o, u]から始まる場合は mon を使います。

例えば、「住所(adresse)」は女性名詞ですが母音[a]で始まっているので、 「私の住所」は ma adresse ではなく☟

 ➜ mon adresse(モ ナドレス)

になります。

「あなたの」「彼 / 彼女の」も使い分けのルールはすべて同じ

mon / ma / mes の使い分けのルールは、「あなたの」や「彼 / 彼女の」などその他の所有形容詞にもすべて当てはまります。

なお、フランス語で「あなたの」は ton(トン)/ ta(タ)/ tes(テ)、「彼 / 彼女の」は son(ソン)/ sa(サ)/ ses(セ)といいます。

「あなたのバッグ」

 ➜ ton sac(トン サック)

「あなたの時計」

 ➜ ta montre(タ モントゥル)

「あなたのメガネ」

 ➜ tes lunettes(テ ルュネットゥ)

「彼 / 彼女のバッグ」

 ➜ son sac(ソン サック)

「彼 / 彼女の時計」

 ➜ sa montre(サ モントゥル)

「彼 / 彼女のメガネ」

 ➜ ses lunettes(セ ルュネットゥ)

フランス語の所有形容詞一覧はこちらです☟

フランス語の所有形容詞一覧

男性形女性形複数形英語
私のmon
モン
ma
mes
my
あなたの
(カジュアル)
ton
トン
ta
tes
your
彼 / 彼女のson
ソン
sa
ses
his / her
私たちのnotre
ノートル
notre
ノートル
nos
our
あなたの
(フォーマル)
/ あなたたちの
votre
ヴォートル
votre
ヴォートル
vos
ヴォ
your
彼ら / 彼女らのleur
ルール
leur
ルール
leurs
ルール
their

なお、「私たちの」「あなたの(フォーマル)/ あなたたちの」「彼ら / 彼女らの」は、男性形 / 女性形どちらも同じカタチです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA