ニュースがわかる!知っておきたいキーワード【新型コロナ関連】

入館無料!ロンドンで訪れたい人気の博物館&美術館5選【大英博物館ほか】

世界トップクラスの知名度と人気を誇るミュージアムが集うロンドン。

有名な大英博物館をはじめ、多くの施設が無料で一般公開されているのも旅行者にとってはうれしいポイントです。

今回は、ロンドンで訪れたい博物館・美術館を5つピックアップ。すべて入館無料(一部の企画展を除く)で楽しめるスポットです。

(参考)

世界の博物館・美術館 来館者数ランキング – 2019

AECOMのデータをもとに作成

ロンドンの博物館・美術館 来館者数 – 2019

英国政府観光庁のデータをもとに作成

大英博物館

British Museum

1759年開館、世界中から集めた貴重なコレクションを収める世界最大級の博物館。

古代エジプトで使われていた文字、ヒエログリフ解読の鍵となった石碑「ロゼッタストーン」や、古代ギリシア時代に建てられた神殿「パルテノン神殿」を飾っていた彫刻群の一部など、人類の遺産とも言うべき貴重な文化財を数多く所蔵する。

住所
Great Russell St, Bloomsbury, London WC1B 3DG

アクセス
地下鉄セントラル / ノーザン線 トッテナム・コート・ロード駅から徒歩5分

公式サイト
https://www.britishmuseum.org/(英語)

テート・モダン

Tate Modern

2000年開館、テムズ川のほとりに建つ世界最大級の現代アート美術館。かつて発電所だった建物が、スイスの建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンによって巨大なアート空間として生まれ変わった。

5フロアを吹き抜く大空間タービンホールで繰り広げられる大規模なインスタレーションは、テート・モダンならでは。新館10階の展望スペースからは、セントポール大聖堂とロンドンの市街地を一望できる。

住所
Bankside, London SE1 9TG

アクセス
地下鉄ジュビリー線 サザーク駅から徒歩10分

公式サイト
https://www.tate.org.uk/visit/tate-modern(英語)

ナショナル・ギャラリー

National Gallery

トラファルガー広場の一角に建つ、西洋絵画の膨大なコレクションを誇る美術館。13世紀半ばから20世紀初頭までの作品、2,300点以上を所蔵する。

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ルーベンス、レンブラント、フェルメール、ゴッホ、モネなど、誰もが知る世界の巨匠たちの名作が数多く展示されている。

住所
Trafalgar Square, Charing Cross, London WC2N 5DN

アクセス
地下鉄ベーカールー / ノーザン線 チャリング・クロス駅から徒歩2分

公式サイト
https://www.nationalgallery.org.uk/(英語)

ロンドン自然史博物館

Natural History Museum

1881年、大英博物館の自然史部門から独立する形でオープンした世界有数の自然史博物館。

エントランスホールに飾られた実物大のシロナガスクジラの骨格標本をはじめ、動植物の標本や哺乳類のはく製、さらには恐竜の化石やマンモスの化石まで、世界中から収集した膨大な数の自然史に関するコレクションを所蔵する。

住所
Cromwell Rd, South Kensington, London SW7 5BD

アクセス
地下鉄サークル / ディストリクト線 サウス・ケンジントン駅から徒歩5分

公式サイト
https://www.nhm.ac.uk/(英語)

ヴィクトリア&アルバート博物館

Victoria and Albert Museum(V&A)

陶磁器、家具、ガラス細工、衣装、宝石、写真、彫刻など、世界中から集められた古美術品や工芸品の数々を展示。美術工芸品を専門とする博物館としては、世界最大規模のコレクションを誇る。

館名のV&Aは、博物館の設立に携わったヴィクトリア女王とその夫アルバート公にちなんで名付けられたもの。

住所
Cromwell Rd, Knightsbridge, London SW7 2RL

アクセス
地下鉄サークル / ディストリクト線 サウス・ケンジントン駅から徒歩5分

公式サイト
https://www.vam.ac.uk/(日本語あり)

MAP

関連書籍

ロンドンのほか、イギリスの美しい風景が楽しめる湖水地方のエリアガイドも掲載。

何度も訪れたい『世界のベストミュージアム』。海外73件、国内66件の美術館・博物館を厳選。

参考サイト