不定冠詞の un が de に変わる⁈フランス語の否定文のルールを簡単解説

Je n’ai pas un … と Je n’ai pas de …、どっちが正しいの??

今回は前回のテーマ「否定文のつくり方」に関連して、否定文をつくるときに気をつけなければならないルールを簡単に解説します。

否定文では不定冠詞と部分冠詞が[de]に変わる

フランス語の否定文では、不定冠詞[un / une / des]部分冠詞[du / de la]de に変わります。

どういうことかと言うと、例えば☟

① J’ai une voiture.(ジェ ユヌ ヴォワテュール)

 「私は車を持っています。」

② Je bois du café.(ジュ ボワ デュ カフェ)

 「私はコーヒーを飲みます。」

① と ② の文を否定文にすると、

① Je n’ai pas une voiture. ではなく

 ➜ Je n’ai pas de voiture.(ジュ ネ パ ドゥ ヴォワテュール)

  「私は車を持っていません。」

② Je ne bois pas du café. ではなく

 ➜ Je ne bois pas de café.(ジュ ヌ ボワ パ ドゥ カフェ)

  「私はコーヒーを飲みません。」

になるということです。

否定文では

不定冠詞[un / une / des]
部分冠詞[du / de la]

[de]

に変わる

Je n’ai pas d’animaux de compagnie.(ジュ ネ パ ダニモ ドゥ コンパニ)

「私はペットを飼っていません。」

のように、de のあとに母音[a, e, i, o, u]がつづく場合は、de の e が消えて d’ になります。

être 動詞を使った否定文では de に変わらない

但し、être 動詞を使った否定文では不定冠詞[un / une / des]のカタチは変わりません。

例えば、

C’est un taxi.(セ タン タクスィ)

「あれはタクシーです。」

を否定文にすると☟

Ce n’est pas un taxi.(ス ネ パ ザン タクスィ)

「あれはタクシーではありません。」

になり、un はそのままのカタチをキープします。

定冠詞のカタチは否定文でも変わらない

否定文であっても、定冠詞[le / la / les]の場合はカタチが変わりません。

例えば、

J’aime le fromage.(ジェム ル フロマージュ)

「私はチーズが好きです。」

を否定文にすると☟

Je n’aime pas le fromage.(ジュ ネム パ ル フロマージュ)

「私はチーズが好きではありません。」

になり、le のカタチが変わることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA