フランス語と英語で「謝らないで」はなんて言う?

フランス語で「謝らないで」ってなんて言えばいいの??

今回の簡単フランス語&英会話は、「謝らないで」です。

関連記事

簡単フランス語会話「すみません」「ごめんなさい」はなんて言う?

謝らないで = Ne sois pas désolé(e).

フランス語で「謝らないで」は☟

Ne sois pas désolé(e).

(ヌ ソワ パ デゾレ)

と言います。

相手が男性の場合は désolé、女性の場合は désolée を使います。ただし、発音はどちらも同じ デゾレ なので会話のときは気にしなくても大丈夫です。

sois(ソワ)は英語の be、désolé(デゾレ)は sorry「すまなく思って」にあたる単語です。

sois(ソワ)は英語のbe動詞にあたる être(エートル)の命令形。

動詞(ここでは sois)を ne(ヌ)と pas(パ)で挟んで、ne … pas というカタチにすると「… ない」という否定の意味になります。

  • Ne sois pas = Don’t be
  • désolé(e) = sorry

つまり、“Ne sois pas désolé(e).” は英語でいう “Don’t be sorry.” にあたるフレーズということですね。


Ne sois pas désolé(e).

= Don’t be sorry.

= 謝らないで


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA