10秒でわかる!知っておきたいニュースのキーワード【地球環境】編

ニュースがわかる!知っておきたいキーワードの【地球環境】編です。

キーワードは随時追加・更新されます。

10秒でわかる!知っておきたいニュースのキーワード【自然】編 10秒でわかる!知っておきたいニュースのキーワード【生物】編

「ニュースがわかるキーワード」そのほかのシリーズはこちら

温室効果ガス

地表の温度を上昇させる気体のこと。温室効果ガスには、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロンなどがある。その中でも、二酸化炭素が地球温暖化への影響がもっとも大きい。

【小学生でもわかる】温室効果ガスとは?どこから発生?かんたん解説

カーボンニュートラル

人間の活動によるCO2(二酸化炭素)の排出量と、森林などによるCO2の吸収量をプラスマイナスゼロにすること。カーボンは「炭素」、ニュートラルは「中立」を意味する。

グリーン水素

生成時にCO2(二酸化炭素)を出さない再生可能エネルギーを使って作られる水素。水素は燃やしてもCO2などの温室効果ガスを出さない、クリーンな燃料として注目されている。

再生可能エネルギー

石油・石炭・天然ガスなどの限りある化石エネルギーではなく、自然界に常に存在し繰り返し利用できるエネルギーのこと。主な再生可能エネルギーは、太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスなど。

サステナビリティ

持続可能性(sustainability)」を意味する言葉。人間が地球でずっと暮らしていくために、将来にわたって地球環境を守り、社会をより良くし、経済成長を続けていけるかどうかということ。

排出権取引

国や企業ごとに温室効果ガスの排出枠を割り当て、その排出枠を超えてしまった国(企業)と余った国(企業)との間で排出枠を取引することができる制度のこと。

パリ協定

2020年以降の温暖化対策のための国際的な枠組み。世界の平均気温上昇を産業革命前と比べて2℃より十分低く保ち、1.5℃に抑える努力をすることを目的とする。2015年12月にフランス・パリで開かれた、第21回 国連気候変動枠組条約締約国会議(COP21)で合意された。

マイクロプラスチック

直径5ミリ以下のプラスチック片。ゴミとして捨てられた使用済のプラスチックが、太陽光や波にさらされどんどん小さく砕かれていき、やがてマイクロプラスチックになる。

【小学生でもわかる】マイクロプラスチックとは?問題と対策を考えよう

SDGs(エス・ディー・ジーズ)

Sustainable Development Goalsの略で、「持続可能な開発目標」と呼ばれる。2015年の国連サミットで決められたもので、2030年までの達成を目指す17の目標と169のターゲットから成る。

【小学生でもわかる】SDGsとは?17の目標などをわかりやすく解説

関連ページ

10秒でわかる!ニュースのキーワード【SDGs・サステナビリティ】編 10秒でわかる!知っておきたいニュースのキーワード【天体・天文】編