10秒でわかる!知っておきたいニュースのキーワード【国際】編

ニュースがわかる!知っておきたいキーワードの【国際】編です。

キーワードは随時追加・更新されます。

「ニュースがわかるキーワード」そのほかのシリーズはこちら

国連

国際連合(UN:United Nations)の略称。世界平和の維持、各国間の友好関係の発展、国際問題の解決を目的に、1945年に設立された国際機関。加盟国は193カ国(2020年末時点)。本部はアメリカ・ニューヨークにある。

ダボス会議

毎年1月にスイスのダボスで開催される、「世界経済フォーラム(WEF)」の年次総会のこと。各国のビジネスリーダーや政府・国際機関のリーダー、学者、ジャーナリストなどが集い、世界が直面する諸問題について議論する。

G7(ジーセブン)

先進7カ国のこと(アメリカ、カナダ、イギリス、イタリア、ドイツ、日本、フランス)。年に1回各国の首脳が集まり、主要国首脳会議(サミット)を開催している。G7は、Group of Sevenの略。

G20(ジートゥエンティ)

G7の7カ国に、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、韓国、ロシア、EUなどを加えた20カ国・地域のこと。定期的に、G20首脳会合、G20財務大臣・中央銀行総裁会議が開かれる。G20は、Group of Twentyの略。

IAEA

International Atomic Energy Agencyの略で「国際原子力機関」のこと。原子力の平和的利用を促進し、軍事的利用を防止することを目的とする。本部はオーストリアのウィーンにある。

IMF

International Monetary Fund「国際通貨基金」の略称。国際金融・為替相場の安定化を目的とする国連の専門機関。1945年設立、加盟国は190カ国(2020年末時点)。本部はアメリカ・ワシントンD.C.にある。

NATO(ナトー)

北大西洋条約機構(North Atlantic Treaty Organization)の略称。ヨーロッパと北米の30カ国(2020年末時点)が加盟する政治的・軍事的同盟。加盟国は、安全保障と防衛において協力する。本部はベルギーのブリュッセル。

OECD

Organisation for Economic Co-operation and Development「経済協力開発機構」の略。経済成長・途上国支援・貿易自由化を目的として、1961年に設立された国際機関。日本を含む37カ国が加盟(2020年末時点)。本部はフランス・パリ。

TPP

Trans-Pacific Partnershipの略で「環太平洋パートナーシップ協定」と呼ばれる。環太平洋地域の国々における経済の自由化を目的とした経済連携協定。2017年にアメリカが離脱したことで、日本を含む残りの11ヵ国でTPP11(CPTPPと呼ばれる)を締結。

WEF

World Economic Forum「世界経済フォーラム」の略称。官民の連携を推進し、世界情勢の改善に取り組むことを目的とする国際機関。本部はスイス・ジュネーブ。毎年1月にスイス・ダボスで年次総会(「ダボス会議」と呼ばれる)が開催される。

WHO

国連の専門機関「世界保健機関」のこと。世界中の人々の健康を守るため、さまざまな活動を行っている。本部はスイスのジュネーヴにある。WHOは、World Health Organizationの略。

WTO

World Trade Organizationの略で「世界貿易機関」と呼ばれる。各国が自由にモノ・サービスなどの貿易ができるようにするためのルールを決めている。1995年に発足、本部はスイス・ジュネーブ。

関連ページ

10秒でわかる!知っておきたいニュースのキーワード【地球環境】編

カテゴリー一覧へ