フランス語で「クリスマス」ってなんて言う?実はみんな知ってるあの言葉

「フランス語でメリークリスマスってなんて言うの?」
「フランス語でサンタクロースは?」

フランス語でクリスマス?そんなの知ってるワケないじゃん…って思いますよね。でもみんなが知っているあの言葉、実は「クリスマス」という意味だったんです…。

今回のテーマは、「フランス語 × クリスマス」。クリスマスに関するフランス語をみていきましょう。

フランス語で「クリスマス」は?

フランス語で「クリスマス」は、Noël(ノエル)です。

ノエル?どっかで聞いたことあるような…。

そう、クリスマスケーキの定番「ブッシュ・ド・ノエル」。実は、ブッシュ・ド・ノエルの「ノエル」は、「クリスマス」という意味だったんですね。

ブッシュ・ド・ノエルをフランス語で書くと、Bûche de Noël。ちなみに「ブッシュ」とは、「丸太」のこと。「ドゥ」は「〜の(英語で言うとof)」。

つまり、ブッシュ・ド・ノエルで「クリスマスの丸太」という意味なんです。

見たまんまですね笑。

フランス語で「メリークリスマス!」は?

フランス語で「メリークリスマス!」は、Joyeux Noël ! (ジョワイユ・ノエル)と言います。「ジョワイユ」は、「ハッピー」という意味です。

ちなみに、フランス語で「ハッピーバースデー」は、Joyeux anniversaire(ジョワイユ・ザニヴェルセール)と言いますよ。

フランス語で「クリスマスマーケット」は?

フランス語で「クリスマスマーケット」は、Marché de Noël(マルシェ・ドゥ・ノエル)です。マルシェは日本語にもなっていますよね。

ちなみに、フランスで一番有名なクリスマスマーケットといえば、ストラスブールのクリスマスマーケット。

16世紀から続くフランス最古のクリスマスマーケットは、Capitale de Noël(キャピタル・ドゥ・ノエル:クリスマスの首都)と言われ、毎年世界中から数百万人が訪れるそうです。

ストラスブールのクリスマスマーケット
(マーケットの様子は00:39~)

いつか行ってみたい!

「行ったことあるよ」という方は、ぜひコメントで感想をお聞かせください!

フランス語で「サンタクロース」は?

フランス語で「サンタクロース」は、Père Noël(ペール・ノエル)です。「ペール」とは「パパ、おとうさん」のこと。

フランスで最もポピュラーなクリスマスソングに、Petit Papa Noël(プティ・パパ・ノエル:サンタのおじさん)という歌があります。

とてもステキな曲なのでぜひ聴いてみてください☟

原曲はティノ・ロッシというフランス人の歌手が歌っています。こちらは、キッズユナイテッドというグループのグローリアさんが歌っているバージョンです。

Gloria – Petit papa Noël

【おまけ】プチ・フランス語レッスン

それでは最後に、プチ・フランス語レッスンということで、プティ・パパ・ノエルのサビのところの歌詞をみていきましょう。

Petit Papa Noël(プティ パパ ノエル)

サンタさん

Quand tu descendras du ciel,(コン テュ デソンドゥラ デュ スィエル)

空から降りてくるとき

Avec des jouets par milliers,(アヴェック デ ジュエ パー ミリエー)

たくさんのおもちゃをもって

N’oublie pas mon petit soulier.(ヌブリ パ モン プティ スリエ)

わたしのちいさなくつもわすれないでね

知っておきたい単語

quand「~のとき」= when、tu「あなた」= you、ciel「空」= sky

avec「~と」= with、jouet「おもちゃ」= toy

ne ~ pas「~ない」= not、oublier「わすれる」= forget、mon「わたしの」= my、petit「小さな」= small、soulier「くつ」= shoe

Noëlの「ë」のチョンチョンってなに?

eの上のチョンチョンは、トレマ(tréma)といわれる符号。母音が連続しているとき、それぞれの母音を発音する場合に使われます。

「???・・・。」

えっと、「oë」にトレマがない場合は「oe」になりますよね。そうすると、発音が「ウ」のようになります。

例えば、フランス語で「たまご」のことをoeufと言いますが、これの発音は「ウフ」です。

「oë」のようにトレマがあることで、「オエ」という発音になるんです。

Joyeux Noël !(ジョワイユ・ノエル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です