フランス語で『~ください』は?カフェでコーヒーを注文【会話例文】

フランス語で『~ください』って、なんて言えばいいの?

カフェでコーヒーを注文するときとか、ブーランジェリー(パン屋さん)でクロワッサンを買いたいとき、『~ください。』と言いたいときがありますよね。

そこで今回は、”友だちとカフェに入って、コーヒーとクロワッサンを注文する” というシチュエーションをイメージして、会話例文をつくりました。

会話の流れをあらかじめイメージしておけば、実際にカフェに入ったとき、『えっ、どうしよう、なんて言うんだっけ?』ってパニックにならずに済みますよね。

それでは、早速はじめましょう。

コーヒーをお願いします

あなた
あなた

あっ、あそこになんかいい感じのカフェがあるね。入ってみよっか。

店員
店員

Bonjour.(ボンジュール)

いらっしゃいませ。

あなた
あなた

Bonjour. Je voudrais un café, s’il vous plaît.(ボンジュール ジュ ヴドゥレ アン カフェ スィル ヴ プレ)

こんにちは。コーヒーをお願いします。

友だち
友だち

Bonjour. Vous avez du thé ?(ボンジュール ヴ ザヴェ デュ テ)

こんにちは。紅茶はありますか?

MEMO 1

あいさつは、午前・午後なら Bonjour(ボンジュール)、夕方以降は Bonsoir(ボンソワール)。

MEMO 2

Je voudrais un café, s’il vous plaît. は、もっと簡単に Un café, s’il vous plaît. でもOK。

ほかにご注文は?

(会話のつづき)

店員
店員

Bien sûr !(ビァン スュール)

もちろんです!

Autre chose ?(オートル ショーズ)

ほかにご注文はありますか?

あなた
あなた

Deux crossaints, s’il vous plaît.(ドゥ クワッソン スィル ヴ プレ)

クロワッサンを2つください。

MEMO

1つの場合は、un(アン)crossaint、2つは、deux(ドゥ)crossaints、3つは、trois(トロワ)crossaints。

*フランス語の数字の数え方は、こちら☟をご覧ください。

フランス語で『1,2,3,4…』って何ていうの?数字の数え方まとめ

注文は以上です

(会話のつづき)

店員
店員

Autre chose ?(オートル ショーズ)

ほかにご注文はありますか?

友だち
友だち

C’est tout.(セ トゥ)

以上です。

お持ち帰りですか?

店員
店員

C’est pour ici ou pour emporter?(セ プール イスィ ウ プール アンポルテ)

こちらでお召し上がりですか?お持ち帰りですか?

あなた
あなた

Pour ici.(プール イスィ)

店内でお願いします。

MEMO

『持ち帰りでお願いします。』は、Pour emporter.(プール アンポルテ)

お会計は〇〇ユーロです

(会話のつづき)

店員
店員

Ça fera dix euros.(サ フラ ディズーロ)

10ユーロになります。

ありがとうございました

店員
店員

Voilà.(ヴォワラ)

Merci, bonne journée.(メルスィ ボンヌ ジュルネ)

ご注文のお品はこちらです。

ありがとうございました、よい1日を。

あなた
あなた

Merci, à vous aussi.(メルスィ ア ヴ オスィ)

ありがとうございます、よい1日を。

友だち
友だち

おいしそう!ちゃんと注文できてよかったね。

MEMO

最後のあいさつは、午前・午後なら Bonne journée.(ボンヌ ジュルネ)、夕方以降は Bonne soirée.(ボンヌ ソワレ)。

知っておくと便利な単語

キーワード
café crème(カフェ クレム):ラテ

déca(デカ):デカフェ

café glacé(カフェ グラセ):アイスコーヒー

thé glacé(テ グラセ):アイスティー

thé vert(テ ヴェール):グリーンティー

chocolat chaud(ショコラ ショー):ホットチョコレート

以上で “カフェでコーヒーを注文” の会話シミュレーションはおしまいです。イメージはできましたでしょうか?

フランス語で『~ください。』は、シンプルに “~, s’il vous plaît.”(~、スィル ヴ プレ)と言うのが一番簡単ですね。

会話シミュレーションの中で紹介したパターンのほかにも、表現方法がたくさんあるので、このシミュレーションのとおりに会話が進んでいくかはわかりませんが、全体の流れとしては参考になるのではないでしょうか。

当ブログでは、このほかにも語学学習についてのトピックスをお届けしています。

『フランス語をもっと学びたい』『フランス語と英語を同時に学びたい』という方は、ぜひツイッターをフォローしてくださいね。