フランス語の quel / quelle / quels / quelles の違いは?使い分けを簡単解説

フランス語の quel と quelle ってなにが違うの?どうやって使い分ければいいの?

今回はフランス語の quel / quelle / quels / quelles の使い分けについて分かりやすく解説します。

quel / quelle / quels / quelles の意味/役割はすべて同じ

フランス語の quel / quelle / quels / quelles はカタチは違いますが、実は意味や役割はすべて同じです。

これらは「なに」とか「どれ」を意味する単語で、英語でいう what や which の役割をします。

では、この4つをどのように使い分ければいいのでしょうか??

なお、quel / quelle / quels / quelles は発音もすべて同じです。どれも「ケル」と発音します。

対象となるものの性別(単数 / 複数)によって使い分ける

この4つは、「なに」「どれ」の対象となるものが「男性名詞」か「女性名詞」か「複数形」かによって使い分けます。

「なに」「どれ」の対象となるものが

 男性名詞かつ単数なら ➜ quel

 女性名詞かつ単数なら ➜ quelle

 男性名詞かつ複数なら ➜ quels

 女性名詞かつ複数なら ➜ quelles

例えば、フランス語で「今日の天気はなに?」 は☟ *天気 = temps(タン)

Il fait quel temps ?

(イル フェ ケル タン)

と言いますが、「なに」「どれ」の対象となる “天気 = temps” が男性名詞(かつ単数形)なので、ここでは quel が使われます。

「なに」「どれ」の対象となるもの:天気

  temps = 男性名詞かつ単数形 ➜ quel

では、「いま何時?」という意味の☟ *時 = heure(ウール)

Il est quelle heure ?

(イレ ケルール)

というフレーズは、なぜ quelle が使われているのでしょうか?

それは、「なに」「どれ」の対象となる “時 = heure” が女性名詞(かつ単数形)だからということですね。

「なに」「どれ」の対象となるもの:時

  heure = 女性名詞かつ単数形 ➜ quelle

quel / quelle / quels / quelles の使い分け一覧

単数複数
男性形quelquels
女性形quellequelles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA