【長文対策】英語のスピーチを前から読む『点と点』スティーブ・ジョブズ

スピーチで学ぶ英語シリーズ、今回は Apple(アップル)の創業者、スティーブ・ジョブズのスピーチの一部抜粋です。

今回のスピーチ:『点と点』スティーブ・ジョブズ

今回のスピーチはこちら☟

Believing that the dots will connect down the road will give you the confidence to follow your heart, and that will make all the difference.

Steve Jobs

かなり長い文なので、前後しながら読むとこんがらがってしまいますよね。

今回はこちらの文を前半(heart,まで)と後半(,andから)に分けて、意味のかたまりごとに前から訳していきます。

意味のかたまりごとに区切って前から訳す

初めのうちはかたまりごとに「 /(スラッシュ)」を入れていくと混乱せずに済みます。

「 / 」を入れる箇所は特に決まりはありませんが、「that節の前」や「動詞(助動詞)の前」「to不定詞の前」に入れるとスムーズに訳すことができます。

前半の文

Believing / (that) the dots will connect / down the road // will give you the confidence / to follow your heart,

信じることは / 点がつながる / いつか // あなたに自信を与えるでしょう / 自分の心に従う

  • believing:信じること
  • dot:点
  • connect:つながる
  • down the road:いつか
  • confidence:自信
  • follow:~に従う
  • heart:心

この長い一文の主語は、Believing(信じること)です。that 以下(roadまで)の文は、“何を” 信じるかを説明しています。

後半の文

and / that will make all the difference.

そして / それは大きな違いをもたらすでしょう。

  • difference:違い

この文の that は、Believingのことを指します。つまり、「信じることは ➜ 大きな違いをもたらす」ということです。

前半と後半の文をつなげると、このような意味の文になります。

点と点がいつかつながると信じることで、自分の心に従う自信が生まれます。これがのちに大きな違いをもたらしてくれるのです。

スティーブ・ジョブズ

関連記事
【長文対策】英語のスピーチを前から読む『探し続けて』スティーブ・ジョブズ

参考文献

Text of Steve Jobs’ Commencement address (2005)|Stanford University