【長文対策】英語のスピーチを前から読む『心に従って』スティーブ・ジョブズ

スピーチで学ぶ英語シリーズ、今回は Apple(アップル)の創業者、スティーブ・ジョブズのスピーチの一部抜粋です。

今回のスピーチ:『心に従って』スティーブ・ジョブズ

今回のスピーチはこちら☟

Have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become.

Steve Jobs

今回はこちらの2つの文(①Have~ ②They~)を、意味のかたまりごとに前から訳していきます。

意味のかたまりごとに区切って前から訳す

初めのうちはかたまりごとに「 /(スラッシュ)」を入れていくと混乱せずに済みます。

「 / 」を入れる箇所は特に決まりはありませんが、「to不定詞の前」や「andの前後」「what節の前」に入れるとスムーズに訳すことができます。

① Have~

Have the courage / to follow your heart / and intuition.

勇気をもって / あなたの心に従う / 直感と

  • courage:勇気
  • follow:~に従う
  • heart:心
  • intuition:直感

こちらの文は主語がないので、命令文ということになります。

② They~

They somehow already know / what you truly want to become.

それらはどういうわけかすでに知っています / あなたが本当になりたいものを

  • somehow:どういうわけか
  • already:すでに
  • truly:本当に
  • want to:~したい
  • become:~になる

They は複数のものを表す代名詞、つまり前の文の heart and intuition(心と直感)を示しています。what以下の文は、“何を” 知っているのかを説明しています。

今回のスピーチをまとめると、このような意味になります。

自分の心や直感に従う勇気をもってください。心や直感は、自分が本当は何になりたいのかすでに知っています。

スティーブ・ジョブズ

参考文献

Text of Steve Jobs’ Commencement address (2005)|Stanford University