YouTubeで英語耳をつくる!リスニング力がUPする6つのステップ

「どうすれば英語が聞きとれるようになるの??」「自分は耳がわるいのかなぁ?!」

今回は、英語力がなかなか伸びずに悩んでいる方に向けて、YouTubeを使ってリスニング力がUPする6つのステップを紹介します。

ちなみにぼくはこの方法を使って、海外の映画やドラマ、英語のニュースを字幕なしで理解できるようになりました。

ネイティブスピーカーが話す英語を聞きとれるようになりたい。』という方は必見です。

本当に聞き流すだけで聞こえるようになるの??

『聞き流すだけで英語が聞きとれるようになる。』に決してダマされないでください。もしそうなら、だれもが簡単にバイリンガルになれるでしょう。

過去のぼくもたくさん、CNNやBBC Radio、英単語帳やフレーズ集のCDなどを “聞き流し” てきました。でも “ながら勉強” をしていると、いつの間にかほかのことを考えたりしてしまうんですよね。もはやBGMと化してしまうことも。

英語に慣れるという意味ではある程度の効果はあったのでしょう。でも、それだけでは聞きとれるようにはなりませんでした。

英語耳をつくるためには

英語耳をつくるには、”聞き流す” のではなく、しっかりと “聞き込む” 必要があります。

スポーツは、トレーニングを重ねることで、段々と上達していきますよね。それと同じ原理で、英語も毎日コツコツと “耳のトレーニング” を続けることで、少しずつ聞こえるようになってきます。

英語耳をつくるということは、自分が聞きとれる音をすこしずつ増やしていくという地道な作業にほかなりません。

リスニング力がUPする6つのステップ

それでは、英語耳をつくるのに効果的な6つのステップ “6 STEPS(シックス・ステップス)” を紹介します。

YouTube 動画は、ネイティブスピーカーが話していて、英語・日本語、両方の字幕がついたモノを使うことをオススメします。

もちろんYouTube動画だけでなく、映画や海外ドラマを使った勉強にも応用できますよ。

*6 STEPSとは、一般的に知られた勉強法などではなく、ぼくが勝手にネーミングした独自メソッドです。

“6 STEPS” シックス・ステップス

(目的)今の実力を知る

まずは【英語字幕】【日本語字幕】のどちらも見ずに、動画を再生して聞いてみます。

下記のどちらに当てはまりますか?

  1. さっぱり… 何を話しているのか全然わからない ☞ STEP.2へ
  2. 話の内容(流れ)が少しでも理解できた ☞ STEP.3へ

(目的)STEP.3 をラクにすすめるために

STEP.1 で ①の方は、【日本語字幕】を見てまずは話の流れをざっと理解します。

『どんなことを話しているのかな~。』くらいでOKです。

話の内容を理解することで、STEP.3 のトレーニングをラクにすすめることができます。

(目的)弱点をみつける ①

【英語字幕】【日本語字幕】のどちらも見ずに、1フレーズごとに区切って(一時停止をして)聞いてみます。

そして、聞こえてきたとおりにフレーズを書いてみます(書きとることをディクテーションといいます)。

1回ですべて書きとれないと思いますので、1フレーズ書き終えるまで巻き戻し再生を繰り返します。

MEMO

書くのはかなり大変な作業なので、頭の中で1語1語イメージするだけでもOKです。

(目的)弱点をみつける ②

【英語字幕】を見て、自分の書いた(イメージした)文と【英語字幕】を照らし合わせます。

そして、聞き取れなかった箇所をチェックします。

そうすることで、自分が現時点で聞ききとれない音が把握できます。

聞き取れない音を把握することが、STEP.5 を実践するうえでとても重要です。

(目的)弱点を克服する

1フレーズごとに再生し、【英語字幕】を見みながら声に出して発音をマネてみます(マネして発音することをシャドーイングといいます)。

現時点で聞ききとれない音を重点的に、何度も巻き戻し再生をして、1フレーズごとにシャドーイングを繰り返します。

POINT

聞こえてくる “そのままの音” をマネることが大切です。決してカタカナ英語にならないように。

QUESTION

リスニングの練習なのに、なんで発音の練習するの?

ANSWER

自分が発音できない音は、聞きとるのが難しいからです。

『発音できるようになる=聞きとれるようになる』というイメージ。

そのフレーズが【英語字幕】に書いてあるとおりに聞こえるようになったら、つぎのフレーズにすすみましょう。

(目的)効果を実感する

ひとつの動画を STEP.5 まですべて終えたら、【英語字幕】【日本語字幕】のどちらも見ずに、最初から最後まで通しで聞いてみます。

いかがですか?最初の STEP.1 のときより、だいぶ聞こえるようになっていませんか?

以上が6つのステップ “6 STEPS” です。やり方のイメージができたでしょうか?

でも、『何度も同じ文を見たり、聞いたりしたんだから、聞こえるの当たり前じゃん。』って思いますよね?

大丈夫です。今回のステップでしっかり聞ききとれるようになった音は、別のシーン(別の動画や実生活など)でふと聞いたときでも、自然と聞きとれるようになっていますよ。

つまり、”英語耳が発達した” ということですね。

6 STEPS をすべて終えたら

1つの動画を STEP.6 まですべて終えたら、つぎの動画をまた STEP.1 からはじめます。

つぎの動画、またつぎの動画・・・というように、6 STEPS を何度も何度も繰り返してください。

聞きとれるようになるために大切なこと

6 STEPS は決してラクな方法ではないですが、語学の習得にラクな方法はないですよね。

はじめのうちは大変に感じるかもしれませんが、聞こえる音が増えれば増えるほど、ひとつの動画を終えるスピードがどんどん速くなります

パッションを持ち続けること

聞きとれるようになるために大切なことは、ズバリ “パッション” です。『英語が聞きとれるようになりたい!』という気持ちを持ち続けることです。

過去のぼくのように『自分は耳がわるいのかな?』なんて心配する必要はありませんよ。だって、スポーツと同じで、トレーニングをしなかったら、上手くなるわけがありませんよね。

あきらめずに毎日コツコツと続けていけば着実に聞こえる音が増えていきます。聞きとれるフレーズが増えれば増えるほど、英語を続けるのが楽しくなりますよ。

6 STEPS を実践してみよう

それでは、早速 YouTube 動画を使って、6 STEPS を実践してみましょう。

ここでは、リスニングトレーニングにおすすめのYouTubeチャンネルを3つ紹介します。いずれも日本在住のネイティブ・スピーカーのチャンネルで、日本語と英語、両方の字幕がついています。

おすすめのYouTubeチャンネル

Rachel & Jun

アメリカ人のレイチェルさんと日本人のジュンさんの国際結婚カップル。日米の文化の違い、日本の国内旅行動画などをアップしています。

Simon and Martina

カナダ人カップル、サイモンさんとマルティナさんのチャンネル。この2人最高におもしろいです。早口なのでリスニング力が鍛えられますよ。

Paolo fromTOKYO

東京在住のパオロさんのチャンネルです。日本のサラリーマンやOL、ママ、学生など、日本の生活に密着した動画をアップしています。

さいごに

6 STEPS 実践編はいかがでしたか?

参考書に付いているCDなどで聞く英語とは違って、”本物の” 英語は聞きとるのが結構難しいですよね?

でも心配ありません。何度も繰り返し “聞いて” “発音する” ことで、少しずつ聞きとれるようになっていきます。大切なのは、あきらめずに続けることです。

当ブログでは、このほかにも語学についてのトピックスをお届けしています。

『英語を楽しく学びたい人』『英語のついでにフランス語も勉強してみたい人』は、ぜひツイッターをフォローしてくださいね。

Have a good day!