フランス語&英語で「本当ね」「その通りだね」はなんて言う?

フランス語で「その通りだね」と言いたいときは??

今回の簡単フランス語&英会話は、「本当ね」「その通りだね」です。

関連記事

フランス語&英語で「本当に?」はなんて言う?

本当ね = C’est vrai.

フランス語で「(同意するときの)本当ね」は、“C’est vrai.”(セ ヴレ)と言います。

C’est(セ)は英語の That’s、vrai(ヴレ)は true「本当の」にあたる表現です。

  • C’est = That’s
  • vrai = true

つまり、“C’est vrai.” は英語でいう “That’s true.” にあたるフレーズということですね。


C’est vrai. = That’s true. = 本当ね


その通りだね = Tu as raison.

フランス語で「その通りだね」は、“Tu as raison.”(テュ ア レゾン)と言います。

“Tu as raison.” は英語でいう、“You are right.” にあたるフレーズです。


Tu as raison. = You’re right. = その通りだね


会話では “T’as raison.”(タ レゾン)と省略されることがよくあります。

「その通りですね。」という丁寧なニュアンスにしたいときは☟

Vous avez raison.

(ヴ ザヴェ レゾン)

と言います。

tu(テュ)は友だちや知り合いと話すときに使うカジュアルな「あなた」、vous(ヴ)はそれ以外の人たちと話すときに使うフォーマルな「あなた」です。

vous を主語にすると as(ア)が avez(アヴェ)に変わるのがポイントです。

  • Tu as(テュ ア)➜ Vous avez(ヴ ザヴェ)

*vous の “s” と、avez の “a” がつながって「ザ」と発音されます。


Vous avez raison. = You’re right. = その通りですね