フランス語の Vous と Tu の違いは?使い分けを分かりやすく簡単に解説

Vous と Tu ってなにが違うの?どうやって使い分ければいいの?

今回は「あなた」を意味するフランス語、 Vous(ヴ)と Tu(テュ)の使い分けについて分かりやすく簡単に解説します。

Vous はフォーマルな「あなた」、Tu はカジュアルな「あなた」

Vous(ヴ)と Tu(テュ)はどちらも同じ「あなた」という意味です。英語でいう You にあたる単語ですね。

Vous と Tu の違いは「フォーマル」か「カジュアル」か。Vous はフォーマルな「あなた」の言い方なのに対して、Tu はカジュアルな「あなた」の言い方になります。

相手との距離感にもよりますが、目安としてはそれぞれ次のような相手に対して使います☟

Vous
  • 初めて会った人
  • 見知らぬ人
  • 年配の人
  • 先生
  • 上司
  • 店員さん
  • お客さん
Tu
  • 友だち
  • 家族
  • 同い年の(年が近い)人
  • 同僚
  • ティーンエイジャー
  • 小学生
  • 小さな子ども

Vous は私たちが普段 “敬語を使う” 相手、Tu は私たちが普段 “タメ口で話す” 相手の関係に近いですね。

Vous には「あなたたち」という意味もある

Vous は「あなた」という意味のほかにも、「あなたたち」という意味があります。

複数の人に対して「あなたたち」と言う場合は、どんな相手かに関わらず常に Vous を使います。Tu は複数の相手に対しては使いません。

Vous

「あなた(フォーマル)」
「あなたたち」

Tu

「あなた(カジュアル)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA